ニュース

米国男子トランジションズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2011年 トランジションズ選手権
期間:03/17〜03/20 ウェスティンイニスブルックリゾート(フロリダ州)

遼は暫定68位タイでスタート。P.ケーシーが単独首位に

米国男子ツアー第12戦「トランジションズ選手権」が17日(木)、フロリダ州ウェスティンイニスブルックリゾートで開幕。午前中の霧の影響でスタートが1時間10分遅れた影響で日没サスペンデッドとなり3人の選手がホールアウトできない中、「64」をマークしたポール・ケーシー(イングランド)が単独トップに立った。

2打差の2位には前週の「WGC キャデラック選手権」を制したニック・ワトニーギャレット・ウィリス、スコット・スターリング、マーティン・レアード(スコットランド)がつけている。

日本勢では石川遼が4バーディ、4ボギーの「71」で回りイーブンパーで暫定68位。今田竜二もホールアウトし「74」で3オーバーの暫定124位タイで第1ラウンドを終えた。

石川遼は68位タイ。予選通過なるか?

前週の「WGC キャデラック選手権」に続く出場となる石川は、前半からショットが好調だった。ドライバーできっちりフェアウェイをとらえ、前半11番(パー5)で残り264ヤードを3番ウッドで2オンに成功し、最初のバーディを奪う。しかしティショットをグリーンの左に大きく曲げた16番(パー3)から2連続ボギー。後半アウトの5ホールで3バーディを奪いながらも、最後の4ホールで2つスコアを落とし、18ホールを通して流れを安定させることができず結局イーブンパー。それでも「自分の中では手応えがある。しっかり自分のゴルフができた」と2日目の巻き返しへ自信を見せた。

ケーシーがロケットスタート

初日単独首位に立ったのはケーシー。7バーディ、ボギーなしの「64」とビッグスコアを叩き出した。「ボギーが無いのは、いつも良いこと」5メートルを沈めた前半11番から連続バーディを奪うと、その後も安定したゴルフを展開。「自分のプレーができた」と納得の表情だ。今季は欧州ツアーの「ボルボゴルフチャンピオンズ」で1勝を挙げている。「まだ始まったばかり。コースは素晴らしいコンディションなので、このアドバンテージをうまく使っていきたい」と気を引き締めていた。

パットに苦しんだ今田竜二は出遅れ

今季7戦目の出場となった今田は、ノーバーディ、3ボギーに終わり大きく出遅れた。「ショットは悪くなかった。地震があるとは言えないが、十分アンダーパーで回れた」とする一方で、バットに苦しみバーディチャンスを生かせず、最終18番でも3パットボギー。カップにけられるなど、不運も多かっただけに「その分、明日(第2ラウンド)入ってくれたら」と顔を上げた。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 トランジションズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。