ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

若手も消え、M.カイマーが上位者の意地見せる

アリゾナ州マラナにあるザ・リッツ・カールトンGCで開催されている、 2011年WGC(世界ゴルフ選手権)の第1戦「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」の3日目。快晴に恵まれ風も穏やかな状況で、3回戦8試合が行われた。

ワールドランキング2位のマーティン・カイマー(ドイツ)は、ハンター・メイハンと対戦。メイハンがスタートから2ホール連取するが、カイマーも踏ん張る。15番までオールスクエアで一進一退を繰り広げ、16番、17番を連続で奪ったカイマーが、2アンド1での勝利を掴んだ。

今大会ワールドランキング上位者が次々に破れる中、同2位のカイマーが粘りのゴルフで、自身初のベスト8進出を決めた。歴代メジャー優勝者で残っているのは、カイマーと韓国のY.E.ヤンの2人だけとなった。敗れたメイハンは昨年のブリヂストンインビテーショナルに続くWGC2連覇を狙ったが惜しくも3回戦で姿を消すことになった。

前日、フィル・ミケルソンを6アンド5の大差で下したリッキー・ファウラーは、マット・クーチャーと対戦。2番、3番とクーチャーが連取すれば、6番、8番をファウラーが奪い前半を終えた。後半に入ると10番から3連続でクーチャーが奪い、14番、16番でファウラーも取り返すが、17番でファウラーはボギー。2アンド1でクーチャーが勝利。

今大会10代の選手が3人出場し、唯一3回戦まで勝ち上がったマッテオ・マナッセロ(イタリア)は、ルーク・ドナルド(イングランド)と対戦し、10番を終えて5ダウンと苦しい戦い。その後、13番パー5でチップインバーディ、15番も奪い3ダウンまで持ち返すが、16番のドーミーホールを引き分け、3アンド2で敗退した。

その他では、1回戦で池田勇太に勝ったミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)は、ベン・クレーンと対戦し、スタートから4ホール連取の快進撃。その後も9番から3連続で奪い一方的な試合展開となる。そして12番パー3のドーミーホールで、互いにバーディを奪い、ヒメネスが7アンド6。今大会最短ホール数での勝利を決めている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。