ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

丸山茂樹が首位タイで最終日の36H決戦へ!

ハワイ州オアフ島にあるワイアラエCCで開催されている、米国PGAツアーの今季第2戦「ソニーオープンinハワイ」の3日目。予選第2ラウンドが行われ、日本の丸山茂樹が2日連続で5アンダー「65」の好スコアをマークし首位タイに浮上した。

大会初日は雨によるコースコンディション悪化のため中止となったが、2日目、3日目と快晴に恵まれ、フェアウェイもボールが転がるようになった。「このコースはランが出やすく攻めやすいので自分向きのコースです」と話す丸山。ティショットは左サイドに飛ぶ場面もあったが「ボールの止まりどころも良くスコアを伸ばせた」と振り返る。

丸山とは並び試合をリードするのは、6アンダー単独首位からスタートしたスチュアート・アップルビー(オーストラリア)。前半はスコアを伸ばせず苦戦していたが、7番から9番までの上がり3ホールを連続バーディで締めくくり丸山に並んだ。

通算8アンダー3位タイには、ローランド・サッチャースティーブ・マリノマーク・ウィルソンの3人。さらに1打差の通算7アンダー6位タイにジャスティン・ローズ(イングランド)、マット・クーチャーなど6人が集団を形成している。最終日は36ホールの長丁場での戦いとなるが、誰が抜け出してくるのか。

その他の日本勢では、前日胸部の痛みに苦しんだ今田竜二がスコアを4つ伸ばし、通算1アンダーの68位タイまで浮上した。ところが今大会は初日が中止になったことで、最終日に36ホール戦うために決勝ラウンド進出の人数が60人まで制限された。したがって、従来の試合なら70位以内と予選通過順位の今田だが、残念ながら決勝ラウンド進出を果たすことができなかった。

今田と同じく68位タイで予選を終えた松村道央も残念ながら予選落ち。通算3オーバー115位タイの薗田峻輔、通算4オーバー119位タイの小田孔明、そして海外ツアー初挑戦のアマチュア松山英樹も小田と同じく119位タイで予選落ちが確定。また、練習ラウンドから手首に痛みを感じていた高山忠洋は、途中棄権となってしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。