ニュース

米国男子ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラの最新ゴルフニュースをお届け

タイガー4打差守れず逆転負け!最終戦を飾ったのはグーセン

ジョージア州アトランタにあるイーストレイクゴルフクラブで行われている、米国男子ツアー最終戦「ザ・ツアー選手権」の最終日。2位以下に4打差をつけて最終日を迎えた、タイガー・ウッズジェイ・ハース。優勝争いはこの2人に絞られたかに思われたが、ツアー屈指の難コースが、首位を走る2人に牙をむいてきた。

タイガーは、前半ボギーが先行する苦しい展開で2つスコアを落として前半を折り返す。後半11、15番でバーディを奪い、スコアを取り戻したが、勝負どころの16、17番で痛恨の連続ボギーを叩き失速。結局この日は2つスコアを落として通算7アンダーの2位でフィニッシュした。

一方、ベテランのハースもこの日はスコアを大きく崩してしまい、2バーディ5ボギー1ダブルボギーの内容で通算4アンダーの7位タイに終わった。

首位2人がスコアに伸び悩んでいるのを尻目に、猛チャージをかけてきたのはレティーフ・グーセンだった。最終組の1つ前でプレーをするグーセンは、この日パーオンを外したのは1度だけとショットが冴え渡り、ノーボギーの安定したプレーを披露。前半で3つスコアを伸ばし首位に急接近すると、後半に入っても勢いは止まらず、さらに3つ伸ばしてこの日のベストスコア「64」をマーク。通算11アンダーでグーセンが「全米オープン」以来、今季2勝目を飾った。

そのほか、ワールドランキング1位のビジェイ・シンは、前半に5つスコアを伸ばす快進撃で、通算3アンダーの16位から9位まで順位を上げて意地を見せた。また同ランキング2位のアーニー・エルスも、この日スコアを3つ伸ばして通算2アンダーの10位に浮上している。

そして3日目からショット、パットともに調子を戻してきた丸山茂樹は、14番までで4つスコアを伸ばし順調にスコアを伸ばしていた。だが、この3日間全てバーディを奪っている15番パー5でまさかのボギーを叩き後退、さらに16番もボギーとし通算4オーバーの19位タイで今季の最終戦を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ザ・ツアー選手権 presented by コカコーラ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。