ニュース

米国男子バンク of アメリカコロニアルの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 バンク of アメリカコロニアル
期間:05/20〜05/23 場所:コロニアルCC(テキサス州)

首位はJ.レナードとJ.L.ルイス P.ミケルソンが上位に進出

テキサス州ワースにあるコロニアルCCで行われている、米国男子ツアー第20戦『バンク of アメリカコロニアル』の2日目。大会初日出遅れた優勝候補のフィル・ミケルソンデービス・ラブIIIであったが、この日は確実にスコアを伸ばし大きく順位を上げている。

56位からスタートしたミケルソンは、前半でバーディを稼ぎ4つスコアを伸ばした。通算 3アンダーの10位と決勝ラウンドに向けて好位置につけた。また初日94位と大きく出遅れていたラブは、この日3つスコアを伸ばして43位までジャンプアップし、なんとか予選カットを逃れた。

<< 下に続く >>

一方、大会2日目首位に立ったのは、ジャスティン・レナードとJ.L.ルイスの2人。レナードは、前半で4バーディを奪い波に乗ると、11番パー5でイーグルを奪う。その直後12、13番と連続ボギーを叩くも、この日のベストスコア“64”をマークし、通算6アンダーで首位に並んだ。昨年決勝ラウンドで怒涛の追い上げを見せるも2位に泣いたレナード。今年リベンジを果たすことができるのか、決勝ラウンドでのプレーに注目したい。そしてもう一人のJ.L.ルイスはこの日ボギーを叩かない安定したゴルフでスコアを4つ伸ばしている。

そのほか日本勢は、丸山茂樹がこの日2つのダブルボギーを叩く大乱調。通算5オーバーまで崩した丸山は、85位で予選落ちを喫した。そして田中秀道は2日目に棄権をしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 バンク of アメリカコロニアル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!