ニュース

米国男子ベルサウスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ベルサウスクラシック
期間:04/01〜04/04 場所:TPC at シュガーローフ(ジョージア州)

宮瀬博文が25位で予選突破!首位はZ.ジョンソン

ジョージア州にあるTPC at シュガーローフで行われている、米国男子ツアー第13戦「ベルサウスクラシック」の2日目。難しいコースコンディションの中、首位でスタートしたホセ・マリア・オラサバルとロジャー・タンベリーニがスコアを崩して後退。後続にいた選手たちが順位を上げてきた。

この日単独首位に踊り出たのは、Z.ジョンソンだ。インコースからスタートしたジョンソンは、18番パー5でイーグルを奪い、前半2つスコアを伸ばして折り返すと、後半4つのバーディを奪ってスコア“66”をマーク、通算9アンダーまで伸ばした。ジョンソンは昨年まで米国男子ツアーの下部組織ネイションワイドツアーで活躍。今年から晴れて米国男子ツアーに昇格した選手だ。前回出場した「ベイヒルインビテーショナル」では、強豪がひしめく中、6位に入る実績を残しているだけに注目したい。

<< 下に続く >>

これを追って2打差の2位には、クレイグ・ボウデン、ティム・ペトロビック、そして昨年の覇者ベン・クレインが3つスコアを伸ばして上位に浮上した。

そのほか注目の選手は、昨年の全米プロ選手権の覇者ショーン・マキールと、欧州ツアーで活躍するパドレイク・ハリントンが通算5アンダーの7位。今季1勝を挙げているフィル・ミケルソンが通算3アンダーの13位、マイク・ウィアが通算1アンダーの25位につけている。

日本勢は、宮瀬博文が1つスコアを落としたが通算1アンダーの25位で今季初の予選突破。一方、田中秀道は4つスコアを落とし、通算4オーバーの88位。残念ながら予選落ちを喫した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ベルサウスクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!