ニュース

米国男子フォード選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 フォード選手権
期間:03/04〜03/07 ドラールゴルフリゾート&スパ(ブルーコース)(フロリダ州)

丸山は前半チャージをかけるも11位、優勝はプレーオフを制したC.パリー

フロリダ州マイアミにあるドラールゴルフリゾート&スパ・ブルーコースで行われている、米国男子ツアー第9戦「フォード選手権」の最終日。大会3日目に続き風が穏やかな絶好のコンディション。猛チャージをかける選手が続出し、上位陣は混戦模様となった。

単独首位でスタートしたクレイグ・パリーは、1番で幸先の良いバーディを奪うなど前半で4つスコアを伸ばし逃げ切りを図ったが、後半に入るとスコアに伸び悩み17アンダーで足踏み状態。そんな中、前の組でラウンドしているスコット・バープランクが後半10、11、そして17番でバーディを奪い通算17アンダーでパリーに追いつきホールアウト。パリーもパーをセーブし続けてバープランクとパリーによる、昨年同様プレーオフに突入した。

18番、1番を交互に行うプレーオフ。1ホール目の18番、通称“ブルーモンスター”でパリーはフェアウェイセンターをキープ。対するバープランクは右のラフへ打ち込んでしまったが、2打目をグリーン右へオンさせ望みをつなげた。ピンそばにつけプレッシャーをかけたいパリーの2打目は、左サイドの池を恐れずピンをデッドに狙い、ボールはそのままカップイン。快心のイーグルで劇的な幕切れとなった。

そのほか、大会3日目にスコアを伸ばせず10位からスタートしたレティーフ・グーセンは、この日バーディを量産。惜しくも1打届かず通算16アンダーの単独3位でホールアウト。

また日本の丸山茂樹は、前半で5つのバーディを奪って上位争いを演じたが、後半でスコアを伸ばすことができず通算12アンダーの11位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 フォード選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。