ニュース

米国男子フォード選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 フォード選手権
期間:03/04〜03/07 ドラールゴルフリゾート&スパ(ブルーコース)(フロリダ州)

クレイグ・パリーのミラクルチップインイーグル!

プレーオフ1ホール目、ドラールの18番“ブルーモンスター”を完璧に退治してしまうようなスーパーショットを決めたクレイグ・パリー。フェアウェイセンターから残り176ヤードを6番アイアンでなんとチップイン・イーグル!その瞬間に試合は終了し、パリーの優勝が決まった。こんな劇的なクライマックスをパリー本人が一番驚いていた。

クレイグ・パリー(試合後優勝会見)
「信じられないよ。でも優勝に驚いていてバタバタしていたから、スクリーンで4度もリプレイしていたのにまだ見られていないんだ。キャディをやってくれている兄弟が、あのショットの時に昨年の全米プロの時のショーン・ミキールみたいなことが起きそうな予感がするって言ってたんだ。僕はただグリーンに乗ってバーディチャンスに付けられることだけを願っていたんだ」

いままでにも最後を劇的なチップインで優勝をさらった選手達はいた。グレッグ・ノーマンを破った1987年「マスターズ」のラリー・マイズ。「ザ・プレーヤーズ選手権」時のクレイグ・パークス、1995年「全米オープン」時のコリー・ペイビンの4番ウッドなど、優勝を決めたスーパーショットは数あれど、クレイグ・パリーに並ぶものはない。

歴代のスーパーショットを振り返っても、今回のクレイグ・パリーのショットはそうそうあるものではない。1983年「ハワイアンオープン」時の青木功が左ラフからピッチングで決めたチップインや、1990年の「ベイヒルインビテーショナル」で残り176ヤードを決めたロバート・ガメス。1992年「ホンダクラシック」の18番でコリー・ペイビンが決めた直接カップインと、どれも神がかり的なミラクルショットなのだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 フォード選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。