ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

昨年と同様、エルスがプレーオフで勝利!!

ハワイ州オアフ島のホノルルにあるワイアラエCCで行われている、米国男子ツアー第2戦「ソニーオープンinハワイ」の最終日。天候は風のまったくない快晴、絶好のコンディションとなった。トップでスタートするのは、優勝経験のないハリソン・フレーザー。このまま逃げ切ることができるのか。

大会3日目に爆発したデービス・ラブIIIは、この日思うようにスコアを伸ばすことができず通算15アンダーの3位でフィニッシュ。優勝争いは、フレーザーと昨年の覇者アーニー・エルスの両者に絞られた。

エルスは、13番グリーン奥からチップインバーディを決め1打リードすると、14番ではピンをデッドに攻め、あわやイーグル。ここもらくらくバーディで2打差とし、フレーザーを引き離した。しかし、15番でエルスは3パットのボギー。これで流れが変わったのか、フレーザーが17番でバーディを奪い、一度は完全に追い抜かれたが再びエルスに追いついた。

そして迎えた最終18番、フレーザーは2オンに成功。一方エルスは、ティショットをラフに入れ3打目勝負に。フレーザーのイーグルパットは1メートルのショート。これを入れなければ万事休すのエルスは、2.5メートルのバーディパットをねじ込んだ。フレーザーもきっちりバーディを奪い、両者とも通算18アンダー。昨年と同様、勝負はプレーオフへ突入した。

勝負がついたのは、プレーオフ3ホール目。エルスが長いバーディパットを決め、長い戦いにピリオドが打たれた。この優勝で、エルスは2年連続プレーオフでソニーオープンを制した。

そのほか日本勢は、丸山茂樹が6番から8番まで3連続バーディを奪うも、後半伸び悩み、通算4アンダーの41位でホールアウト。3日目にスコアを崩してしまった谷原秀人は、この日もスコアを2つ落とし、通算3アンダーの48位。久保谷健一は、1つ伸ばして通算2アンダーの54位。今季初戦となる田中秀道は、2つ落として通算イーブンパーの64位と後退。日本人選手は上位にくいこめなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ソニーオープンinハワイ




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。