ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/10〜02/13 ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

ミケルソンがそのまま逃げ切り2週連続優勝!

カリフォルニア州にあるペブルビーチGL、ポピーヒルズGC、スパイグラスヒルGCの合計3コースで行われている、米国男子ツアーの第6戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」の最終日。決勝ラウンドはメインコースであるペブルビーチGLで行われた。

3日目を終え通算20アンダーの大台に乗せたフィル・ミケルソン。2位以下に7打差をつけてスタートしたミケルソンは、前半4番でバーディを奪い、幸先の良いスタートを見せたかに思われたが、6、9、10番でボギーを叩いてしまい、スコアを落としていく。

しかし大量リードのため、後続勢が追いつくことができず、ミケルソンは11番でバーディを奪い1つ取り返すとその後はパープレーでしのぎ、通算19アンダーでフィニッシュ。先週「FBRオープン」に続き、2週連続優勝を飾った。

また、通算15アンダーの単独2位に、カナダの英雄マイク・ウィアが入っている。首位と10打差の8位タイからスタートしたウィアは、1、2番で連続バーディを奪うなど前半で3つ、後半でさらに2つスコアを伸ばし、スコア「67」をマークした。

そのほか、ダレン・クラーク(北アイルランド)は、最終日をスコア「71」で周り、通算11アンダーの6位タイでホールアウト。2001、2003年にこの大会を制しているデービス・ラブIIIは、1つスコアを伸ばして通算9アンダーの9位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。