ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/17〜08/20 場所:メダイナCC(イリノイ州)

P.ミケルソンの連覇なるか!?日本からは丸山茂樹と谷原秀人が参戦

米国男子ツアー第33戦「全米プロゴルフ選手権」が、8月17日(木)から20日(日)までの4日間、イリノイ州にあるメダイナカントリークラブで開催される。今年で88回目を迎え、4大メジャーの今季最終戦となる大会で勝利を掴むのは果たして!?

昨年は悪天候の影響もあり、勝負が現地時間の月曜日へ持ち越された。そんな中で、フィル・ミケルソンが17番終了時点でスティーブ・エルキントン(オーストラリア)、トーマス・ビヨーン(デンマーク)らと並び3アンダーでトップに並ぶ。この時ミケルソン以外のプレーヤーは既にホールアウトしており、勝負の行方は彼の18番でのプレーに委ねられていた。そんなプレッシャーのかかる状況下で、ミケルソンは難しいアプローチをピン側1メートに寄せてバーディを奪取。2004年の「マスターズ」以来2度目となるメジャータイトルを手にしている。

<< 下に続く >>

今年も2連覇を狙うミケルソンを始め、「全英オープン」でメジャー11勝目を挙げ、完全復活を遂げたタイガー・ウッズ、さらにビジェイ・シン(フィジー)、アーニー・エルス(南アフリカ)、レティーフ・グーセン(南アフリカ)といった強豪が数多く参戦。彼らが、どんなプレーからも目が離せない。

日本からは、丸山茂樹谷原秀人の2人が出場。なかでも谷原は「全英オープン」で5位タイに入り、凱旋し参戦した「サン・クロレラクラシック」でも逆転優勝を飾るなど、今最も波に乗っている選手だけに期待がかかる。

【主な出場予定選手】
丸山茂樹谷原秀人タイガー・ウッズフィル・ミケルソンビジェイ・シンアーニー・エルスレティーフ・グーセン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!