ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/09〜02/12 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

トップにはM.ウィアとA.オーバーホルザーが並走。L.ドナルドが単独3位で追う

カリフォルニア州、ペブルビーチGL他で開催されている、米国男子ツアー第6戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」の3日目。トップに立ったのは、マイク・ウィア(カナダ)とアーロン・オーバーホルザー。通算17アンダーで最終日を迎える。

単独のトップからスタートしたウィアは、ボギー発進。その後もバーディとボギーを繰り返す苦しいプレーが続いた。しかし後半に入って立て直し、3バーディを奪った。この日は3つスコアを伸ばすにとどまったものの、通算17アンダーでトップの座に残った。

この日スコアを伸ばしたのが、オーバーホルザー。11アンダー単独の2位からスタートし、折り返し後の1番ホールでボギーを叩いたが、7つのバーディを量産。特にパッティングが好調で5メートル以上のパットも難なく沈めた。スコアを6つ伸ばすことに成功し、通算17アンダーで、ウィアを捕えトップタイに立った。

単独の3位にはルーク・ドナルド(イングランド)が、通算11アンダーで踏みとどまった。また大会連覇を狙うフィル・ミケルソンが、5つスコアを伸ばすチャージを見せ、通算8アンダーで、一気に52位タイから11位タイに浮上している。強豪のビジェイ・シン(フィジー)は、スコアを伸ばすことが出来ず、通算5アンダーで33位タイで、最終日の決勝ラウンドにかける。日本の丸山大輔はスコアを6つ落としてしまい144位タイで予選落ちしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!