ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/30〜06/02 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

“オーガスタ12番”をさらに難しく? ニクラスが仕掛けたワナ

2019/05/30 09:06


ミュアフィールドビレッジGC 12番パー3(184yd)

ミュアフィールドビレッジGCはジャック・ニクラスが手掛けたコース。まさに“帝王の庭”と呼ぶにふさわしい、ツアー屈指の難度を誇ります。松山英樹選手は2013年の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」で初めてここを訪れ、翌14年に米ツアー初優勝。僕にとっても忘れることなどできない場所です。

特徴あるホールが続きますが、中でも難しいのが今回の12番です。4ydを打ち下ろすパー3は、「マスターズ」のアーメンコーナーでおなじみの12番(パー3)に似た形状で、さらに何倍も難しくしたかのように思えるのです。

ティからはずっと池。グリーンの形状は横に倒したひょうたん型で、ものすごくタテ幅が狭く、12ydほどしかありません。池を避けたいのはもちろん、奥のバンカーに入れると左足下がりのライからのショットを余儀なくされます。

それを踏まえた上で、オーガスタナショナルGCの12番よりも距離が50ydも長くなる。第1打を6I、7Iあたりで打つケースがほとんどで、何人もの選手が水しぶきをあげるシーンを見てきました。特にグリーン右サイドにカップが切られた日は要注意。風も舞います。前の11番(パー5)を終え、階段を上ってティエリアに立ってから、非常に緊張感のある時間が訪れます。グリーンオンしただけで、まずはホッとするのです。

そういう意味では、世界一難しいショートホールと言っても過言ではないかも…。グリーンオンした選手には大きな拍手を送っていただきたいと思います。

ミュアフィールドビレッジGCは全体的にフェアウェイが広くとられていますが、バンカーや池が、視覚的に強いプレッシャーをかけてくるため、選手やキャディの目には本来の姿よりも狭く見えます。グリーンも大きめですが、傾斜が強く、スピードとラインを合わせるのが本当に難しい。きっちり狙ったエリアに打ち込めるショットメーカーでなければ勝てないでしょう。

松山選手の初優勝からはや5年。すべてを思い出せます。最終日は終盤16番(パー3)でティショットを池に入れたり、その後、ドライバーのシャフトが折れたりと、さまざまなハプニングがありました。それでも最終18番でバーディを取り、プレーオフで優勝。…そんな話はまた次の機会に。(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2019年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!