ニュース

米国男子シュライナーズホスピタルforチルドレンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

ラスベガスのイーグルチャンス 砂漠地帯で飛距離を読め

2019/10/03 05:30


TPCサマリン 16番パー5(560yd)

PGAツアーの新シーズン4戦目は「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」。カリフォルニア州のラスベガスでバーディ合戦が繰り広げられます。2018年大会こそ優勝スコア(プレーオフ)は通算9アンダーでしたが、タイトル奪取には例年20アンダー以上が求められるコースです。

パー5での取りこぼしは避けたいところ。とくに終盤16番は風がフォローだと第2打でミドルアイアンを持てるため、イーグルのチャンスがあるホール。松山英樹選手は2014年大会で2日目から3日連続でイーグルをぶちかまし、4ラウンドで7アンダーを1ホールだけで記録しました。

<< 下に続く >>

とはいえ、すべての選手にとってイージーかというと、そうではありません。フェアウェイも特別広いわけではなく、左サイドのバンカーを越えるためには307ydのキャリーが必要です。右サイドは林が待ち構え、左右どちらに曲げてもトラブルが待ち構えます。

きっちりフェアウェイに置けても、2オンを狙うショットは池越えに。グリーンは硬く仕上げられているので、止めるためにはスピンの効いた高いボールが必要になります。ワールドクラスのパワーと技術、勇気がなければ一筋縄ではいきません。

2打目をレイアップしようにも、残り100ydのところにあるバンカーの先まで打ってしまうと、すべてラフになります。フライヤーもグリーンの硬さも計算した繊細な3打目になるでしょう。グリーンは中央部分が一番近く、左右にふられると、フェアウェイからは遠くなる形状。正確な距離感が求められます。

特にピンが右側に立つ日は、グリーン左奥からアプローチでOKに寄せるのが難しい。2オンできれば一気にイーグルチャンスですが、そこまでの関門を乗り越えられるかがポイントになります。

砂漠地帯のラスベガスは空気が乾燥しており、ボールが普段よりもよく飛びます。以前は「プラス5%」と頭に入れてプレーしました。200ydのショットが210yd飛ぶわけですから、計算ミスをしては命取り。ただしこれも全選手が同じわけではありません。ブルックス・ケプカのキャディが「俺たちは“8%”で計算しても、グリーンをオーバーしてしまう…」と頭を抱えていたのを覚えています。(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2019年 シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!