ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

【WORLD】ウェブ・シンプソンの素顔(2) “WORLD WIDE WEBB”

Golf World(2011年11月7日号)texted by Tim Rosaforte

「最終戦の後、2人で今シーズンを振り返りました」と語ったのは、キャディのポール・テゾリ。

「ウェブは『何が凄いって、ゲーリーは最終日に23パットだったけれど、それが自己ベストではないってこと。それにバッバにも改定されたルールのおかげで負けたし、クレーンにも負けたけれど、彼はラスト11ホール中8ホールでバーディを記録した。ドナルドだって最終戦の最初の15ホール中10ホールでバーディを決めて、ここ9年で2勝目(米ツアー)を挙げた。この期間だけで6勝出来ていたかもしれないけれど、そうは思わない。不思議な偶然が重なったことで負けたとも言えるかもしれない。ただ、俺は自分のベストを尽くした。他のことは自分ではコントロール出来ないからね』と言っていましたよ」。

<< 下に続く >>

シンプソンは自分自身を安定させることは出来ていた。2010年のシーズン終了後、それまでキャディを務めていたウィリアム・ケインがユース選手に付くことになり、シンプソンはテゾリと契約。更にフィットネストレーナーのジェフ・バナズサクとも契約し、肉体改造にも着手。その年の11月30日、初めてのトレーニングセッションの前に今後の目標を聞かれたシンプソンは、「歴史に名を残すような選手、そして世界ランキング1位になる為にハードワークを実行すること」とバナズサクに話したという。

新たにキャディとなったテゾリも、ソニー・オープン前にシャーロットに向かい、正直に当時の実力に関する意見をシンプソン本人に伝えた。ビジェイ・シン、そしてショーン・オヘアのキャディも務めたテゾリは、「正直に言って、君は精神的に強くならないといけない。今の技術では全然ダメだ」とシンプソンに助言。テゾリからすれば、当時の状態で2年間も出場権をキープしていたのは奇跡。ランキング50位にも届かなかった選手が、一気にトップに近い位置にまで成長したことも、合わせて”ミラクル”と形容していた。

テゾリは、シンプソンがサンディエゴのトーリーパインズGCで開催されたファーマーズ・インシュランス・オープンで予選落ちとなった後、同コースで9時間にも及ぶ練習を行った。「ウェブは練習熱心な性格なんです」とテゾリ。「たしか午後4時くらいだったかな、彼の方から『俺には何が足りない?』と聞いてきたんです」と続けた。

キャディという以前に、テゾリは元ツアー選手で、シンとショーン・フォーリーに師事してきた経験があったため、トッププロから学んだ手法をシンプソンに薦め、これをシンプソンも受け入れた。テゾリはまず、シンプソンにフェースをターゲットにスクエアにしたままテークバックさせ、インサイドに引くことをやめさせることに着手。スウェイするクセも取り除いた。

すると次のウェスト・マネージメント・フェニックス・オープンでは、スイング改造の甲斐があったのか8位タイでフィニッシュ。その後ツアー2勝を含め、トップ10以内に11度も入る一方で25位以下は2度しかなく、確実に力を付けた。また、ドライビングディスタンスでも10ヤード以上伸び、フェウェイキープ率でも121位から8位へと急上昇。全てのカテゴリーで成績を一気に上げた。

米国ゴルフダイジェスト社提携
Used by permission from the Golf DigestR and Golf WorldR. Copyrightc 2011 Golf Digest Publications. All rights reserved.

おすすめ記事通知を受け取る

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!