ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

【WORLD】タイガーがD.ジョンソンの元キャディを起用

Golf World(2011年10月3日号) GW bunker NEWS

タイガー・ウッズがジョー・ラカバを新キャディとして起用することを発表する前は、ウッズとダスティン・ジョンソンが「ザ・プレジデンツカップ」でペアを組む可能性は低かった。だがラカバがウッズのキャディとなったことで、米国選抜の主将フレッド・カプルスがオーストラリアで行われるそのプレジデンツカップで(ウッズとジョンソンの)2人を組ませても、もうサプライズとはならないだろう。

ラバカは「プレーヤーズ選手権」でジョンソンのバッグを担ぐと、「ザ・バークレイズ」での優勝に貢献。また「全英オープン」では2位タイに入る原動力にもなった。そんなラバカが、「ザ・ツアーチャンピオンシップ」後にウッズにキャディとなることに。この発表は、「ザ・ツアーチャンピオンシップ」の最終日にジョンソンのスイングコーチであるブッチ・ハーモンにより最初に発覚し、同日遅くにウッズが正式にリリースした。

情報を漏らしたハーモンは、コーチをしていたこともあるウッズに批判的。ウッズがジョンソンへの仁義を切らずにラカバを起用したことが理由だ。しかしこれは、同じくハーモンが指導するアダム・スコットがスティーブ・ウィリアムスをキャディとしたときに、ウッズにお伺いを立てなかったことと同じことだ。

当のハーモンは「一番気に食わないのは、T.W(ウッズ)がダスティンにジョーと話をすることを伝えなかったこと」とAP通信にコメント。「タイガーの行為にはややガッカリしている。でも驚いているわけじゃないよ」。

ところが、tigerwoods.com(ウッズの公式ホームページ)によれば、状況はまた違う様子。同サイトによると、初めに声をかけたのはウッズではなくラカバからというのだ。ウッズは同サイトに「(マネージャーの)マーク(・スタインバーグ)と僕は、色々な人からこの手の話を受ける。ジョーもその中の一人で、僕のキャディをしたいということを話しに来たんだ」と語る。「これは大事な決断だった。だから熟考した。また、そのころはプレーオフの最中だったから、大会が終わるまでは具体的は話にしなかった。ジョーと話をしたのはそれから。そして合意に達したというわけだ」。

今回の件で得をするのは、金銭的に恵まれている契約を結んだことが確実なラカバよりもウッズと言われている。マイホーム主義者のラカバだが、経験が豊富な一方で離散的でもあり、27歳のジョンソンよりもウッズの方に共通点が多い。また2012年はアメリカだけでなくヨーロッパでのプレーも予定しているジョンソンに比べ、ウッズは出場試合を絞るので、ラカバにとっては、コネチカット州の自宅で過ごす時間もより増えるだろう。

米国ゴルフダイジェスト社提携
Used by permission from the Golf DigestR and Golf WorldR. Copyrightc 2011 Golf Digest Publications. All rights reserved.

おすすめ記事通知を受け取る

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。