ニュース

米国シニアの最新ゴルフニュースをお届け

【WORLD】T.レーマンが2011年賞金王獲得

Golf World(2011年11月28日号) GW bunker

トム・レーマンは、今季2戦目の「アリアンツ選手権」に優勝しチャールズ・シュワッブ・カップのポイントレースをリードしていた。その後もランキング首位を堅持してきたが、11月6日に最終戦を迎えた「チャールズ・シュワッブ・カップ」で、あわや逆転という窮地に追い込まれた。

最終戦まで2位マーク・カルカベッキアとのポイント差を382としていたレーマン。ツアー史上、レーマンと同等のポイント差から逆転された最終戦で逆転された唯一の例は、2005年にトム・ワトソンがダナ・クイグリーを逆転した1回のみだった。

トーナメントは、ジェイ・ドン・ブレイクが今季2勝目をほぼ手中に収めていたため、18位タイでホールアウトしたレーマンは、クラブハウスでライバルのプレーに視線を送っていた。

カルカベッキアがレーマンを逆転するには、2位タイを2人以内で分ける必要があったが、結果2位タイには、カルカベッキア、ローレン・ロバーツマイケル・アレンジェイ・ハースの4選手が入り、リーマンの賞金王が確定した。

2011年にシーズン3勝を挙げたのは、レーマンとジョン・クックのみで、賞金王の他、年間最優秀選手賞を獲得する可能性も浮上している。もし選手投票により年間MVPに選出されれば、ネイションワイド、PGA、そしてチャンピオンズツアーで同賞を獲得した史上初の選手となる。

20年前、まだホーガンツアーとして知られていた下部ツアーにいた31歳当時、レーマンは「俺は35歳になってミニツアーを回るようなプロにはなりたくない」と語っていた。そして当時についてこう話す。「1991年に自分が言ったことをはっきりと覚えているよ。『自分の進む道は2つに1つ。勝って先に進むか、これで終わるかだ』とね」。

米国ゴルフダイジェスト社提携
Used by permission from the Golf DigestR and Golf WorldR. Copyrightc 2011 Golf Digest Publications. All rights reserved

おすすめ記事通知を受け取る

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。

関連リンク




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。