ニュース

国内女子GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップの最新ゴルフニュースをお届け

ヨネックス育ちの若林舞衣子 85ホール連続ボギーなし&ママVのギア

2021/07/19 14:00


◇国内女子◇GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 最終日(18日)◇イーグルポイントGC (茨城県)◇6657yd(パー72)

新潟県出身、プロ入りから同県に製造拠点を置くヨネックスと所属契約を結ぶ若林舞衣子がツアー4勝目を挙げた。初勝利、2勝目は独身で。2017年の3勝目は妻として。4年ぶりのタイトルは母になって手に入れた。

<< 下に続く >>

最終日に前週「ニッポンハムレディス」の3日目から始まった85ホール連続ボギーなしの日本ツアー記録を樹立した。持ち前のアプローチ、パットの正確性を武器に「最近、飛距離も伸びて、短い番手で狙っていけるようになった。パーオン率も上がり、ボギーを打たない」と33歳にしてのパワーアップを実感。ヨネックスの1W、シャフトに信頼を置いている。

キャディバッグ内に4本収まっているUTは2016年に発売されたもの。前半6番、後半10番でフェアウェイからチャンスメークしバーディにつなげた6UTだけ、シャフトをカーボンではなくスチールにするアレンジを加えている。

2戦連続でプレーオフを戦ったのは2016年のイ・ボミ(韓国)以来だった。トップレベルでの安定感の要因は「一番はパッティングだと思う」という。

女子ツアーで流行中のテーラーメイド トラスシリーズが手になじみ「もともとラインの読みに自信はあったけれど、パターを替えたのも大きい。思ったところに打ち出せるようになった」と分析。「ロングパットを重点的に練習している。なかなか届かないところを『しっかり、打とう』と思うのではなく、自然に、良い感覚でカップを50㎝オーバーさせる」。ティからグリーンまで自信を持ってプレーできた。

<最終日の使用ギア>

ドライバー:ヨネックス EZONE GT 445(ロフト角9度)
シャフト:ヨネックス レクシスカイザM2(長さ45.75インチ、重さ50g、硬さS)
フェアウェイウッド:テーラーメイド SIM2 MAX(3番15度、5番18度)
ユーティリティ:ヨネックス EZONE XPG(3番19度、4番22度、5番25度、6番28度)
アイアン:ヨネックス EZONE CB 501 フォージド(7番-PW)
ウェッジ:ヨネックス EZONE N1-W(52度、58度)
パター:テーラーメイド TPコレクション ハイドロブラスト ジュノ TB2
ボール:ダンロップ スリクソン Zスター ◆(ダイヤモンド)

おすすめ記事通知を受け取る
テーラーメイド
高級感のある光沢の美しさと機能性を両立した新TPシリーズ
発売日:2021/06/11 参考価格: 39,600円

関連リンク

2021年 GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!