ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGCの最新ゴルフニュースをお届け

日本未発売パターでメジャー2大会出場と初優勝ゲット

大会名:~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGC
日時:2018年5月24日(木)~27日(日)
開催コース:ザ・ロイヤルゴルフクラブ(茨城県)
優勝者:秋吉翔太

国内ツアー史上最長となったザ・ロイヤルGCで、ツアー初優勝を飾った秋吉翔太。平均飛距離とフェアウェイキープ率をポイント換算したトータルドライビングは2015年2位、16年1位、17年3位と3年連続でトップ3に入っているが、自身の課題としていたのはパッティングだ。

だが昨夏、同郷・九州出身の山本己沙雄(みさお)プロに教わったことで、パッティングが劇的に改善したという。「それまでまっすぐのストロークは、ヘッドを直線的に動かすイメージだったけど、フェースを開いて、閉じるというストロークに変えた。最初は違和感があったけど、このストロークにしてから球の転がりも良くなって、昨年はシードも獲れた」と、今大会でも平均パット数は4日間で全体3位と勝利に貢献。優勝争いの緊張感の中、最終ホールでも15mのファーストパットをOKにぴたりと寄せて、初勝利を手繰り寄せた。

その秋吉が手にしていたパターは、日本では6月1日リリース予定のオデッセイ EXO(エクソー)セブンという新パター。ツアーで人気の形状を踏襲したまま、慣性モーメントをより高めることを狙ったモデルで、その結果、ストローク軌道の安定と、ミスヒット時にも出球のスピードが落ちずに距離感が安定するという好結果をもたらした。

秋吉も「ストロークが安定した」と好感触。「全米オープン」予選会から投入し、わずか一週間で2つのメジャー出場権とツアー初優勝をつかみ取った。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:ダンロップ スリクソン Z765ドライバー (10.5度)
シャフト:藤倉ゴム工業 スピーダー エボリューション2 757 (硬さTX 長さ45インチ)
フェアウェイウッド:ダンロップ スリクソン Z F45 TOUR フェアウェイウッド(3番15度)
ユーティリティ:ダンロップ スリクソン Z U45 ユーティリティ(2番、3番)
アイアン:ダンロップ スリクソン Z765 アイアン(4番-PW)
ウェッジ:クリーブランド RTX-3 ウェッジ(ブレードタイプ)(54度、60度)
パター:オデッセイ EXOセブン
ボール:ダンロップ スリクソン Zスター ボール

関連リンク

2018年 ~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤルGC

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~