ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

「アジアアマ」見据えウェッジ総入れ替え 中島啓太の優勝ギア

2021/09/28 10:00


◇国内男子◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 最終日(26日)◇城陽CC (京都)◇6967yd(パー72)

史上5人目のアマチュア優勝を遂げた中島啓太(日体大3年)。最終日は首位と1打差の通算14アンダー4位でスタートし、5バーディ、1ボギーの「68」でプレー。通算18アンダーで並んだ永野竜太郎をプレーオフで下してツアー初勝利を手にした。

<< 下に続く >>

「来年の秋にある大学の試合が終わるまではプロ転向をしない」という中島だが、プロ転向のタイムリミットは迫ってくる。今年の年明けごろに「いろんな(メーカーの)クラブを試した」とあらゆるクラブを試打。「自分の感覚が一番大事。あとは格好良さもあって、自分に合うクラブを使わせていただいています」とテーラーメイドのクラブを選択した。

優勝争いを演じた4月「東建ホームメイトカップ」ではウェッジはタイトリスト ボーケイ SM8の46度、50度、54度、60度の4本だったが、今大会の前週に行われた大学のリーグ戦から、ともにテーラーメイドのミルドグラインド 3の46度、52度、56度とハイ・トウ ロウの60度に差し替えた。

「ロフトも変えたので練習必要かな?と思っていたけど、意外とすんなり替えられた。これも秋に向けての調整で」と11月「アジアパシフィックアマチュア選手権」(ドバイクリークゴルフ&ヨットクラブ/UAE)に向けたクラブセッティングだという。

最終日の前半9番では残り30ydの右ラフからのバンカー越えショットを60度でピンそば1.5mに寄せてパー、後半13番は残り120ydのセカンドショットを52度でピン奥3mにつけてバーディ。15番も残り28ydの2打目を60度で寄せてスコアを伸ばした。

大学生になってから上半身のトレーニングに打ち込み始めると、かつて20kg台だった握力が今では両手ともに50kg台近くとなり、力のバランスが変わった。「ラフとか芝に負けずに打ちたい球を打てるようになったけど、アプローチとかのイメージで繊細さがなくなってきた」と、これを課題にして取り組んでいた。「100yd以内はいい時(のショット)の音を覚えるようにしていて、その音を出せるように練習場で打っています。コースではなかなかできないけど、練習場では音を感じるようにやっている」。磨いてきた技でつかみ取った初Vだった。

<最終日の使用ギア>
ドライバー:テーラーメイド SIM2 MAX(9度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD UB(45インチ、硬さX)
フェアウェイウッド:テーラーメイド SIM2 MAX(3番15度、5番19度)
アイアン:テーラーメイド P7MB(4番~9番)
ウェッジ:テーラーメイド ミルドグラインド 3(46度、52度、56度)、テーラーメイド ハイ・トウ ロウ(60度)
パター:スコッティキャメロンSSS 350 TOUR ONLY
ボール:タイトリスト プロ V1x

おすすめ記事通知を受け取る
テーラーメイド
発売日:2021/09/04 参考価格: 25,300円

関連リンク

2021年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!