ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

「1メートルを絶対外さない」ために大切なこと

2013/04/05 21:03


「週刊ゴルフダイジェスト」(4月16日号)より

残り1メートルのパットは外したくない距離。しかし、実戦のなかではしばしば外してうなだれることも多い。もっと確実にこの距離を沈めるにはどうしたらいいのか? 飯島茜プロに教えてもらった。

* * *

残り1メートルをカップインさせるために、いちばん大切なこと。それは狙ったところにボールを打ち出すということです。

1メートルのパットは、アドレスしたときにカップが視界のなかに入ります。すると頭や体が動いて、フェースの向きが狂い、プッシュアウトや引っかけのミスが出やすいのです。

ですから、私はどんなに短いパットでも、目印になるような色の変わった芝などのスパットを見つけ、そこに真っすぐ打ち出すようにしています。ボールの少し先にスパットを見つけたら、あとはスパットに球を打ち出すだけ。そこに集中することで、「入れたい」という気持ちからくる力みや、不安を取り除き、シンプルにストロークしやすくするのです。

「ライ角どおりにアドレスする」「頭は絶対に動かさない」「一定のリズムでストロークする」、この3点が狙ったところに打ち出す(球を真っすぐ打ち出す)ためのセットアップとストロークのコツになります。これを身につけるだけでも、ショートパットの入る確率はアップすると思いますよ。

* * *

シンプルかつ基本的なことではあるが、こうしたことが守れずに失敗を繰り返してしまうケースは多々。これからゴルフの本格シーズンに入る今こそ、改めて心がけたいポイントだ。

飯島茜
ツアー通算6勝。オフにパッティングを含めたショートゲームの精度を上げ、充実のキャンプをおくったとのこと。ツアー7勝目を狙う

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!