ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は20位→17位に上昇/男子世界ランク

2021/08/09 15:24


8日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、世界選手権シリーズ「WGCフェデックス セントジュード招待」でプレーオフの末に2位で終えた松山英樹が前週20位から17位へと順位を上げた。同大会で優勝を飾ったアブラム・アンセル(メキシコ)は23位から11位にジャンプアップした。

1位のジョン・ラーム(スペイン)から5位のジャスティン・トーマスまで順位は変わらず、6位だったブルックス・ケプカが8位に後退した。7位にブライソン・デシャンボー、8位にルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)とそれぞれ順位を1つ上げた。

<< 下に続く >>

同週開催の米ツアー「バラクーダ選手権」を制したエリック・ファンローエン(南アフリカ)は113位から79位へ34ランクアップ。欧州男子の「ヒーローオープン」で初優勝を果たしたグラント・フォレスト(スコットランド)は163ランクのジャンプアップで174位に上がった。

日本勢は2番手の星野陸也は86位(2ランクダウン)、3番手の金谷拓実は96位(1ランクダウン)、さらに木下稜介が103位(5ランクアップ)で続く。欧州ツアーを16位で終えた川村昌弘は152位(6ランクアップ)となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!