ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

17年ぶり9打差逆転まであと一歩 松山英樹は“プレーオフ連戦”で見せ場

2021/08/09 10:22


◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 最終日(8日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7233yd(パー70)

松山英樹の表情には、悔しさとともにどこか晴れやかさもにじんだ。前週「東京五輪」に続くプレーオフ。タフなスケジュールで挑んだ極限の勝負の中、笑顔もこぼれた。

<< 下に続く >>

18番で行われたプレーオフ1ホール目は勝負を決めたかと思われたバーディパットがカップに蹴られた。2ホール目はボールがやや沈んだラフからのセカンドでグリーンを捉えたが、2パットのパー。PGAツアーのキャリアでは4度目となったプレーオフで初めて敗れた。

9打差14位からのスタート。最終日9打差以上の逆転なら2004年「RBCヘリテージ」のスチュワート・シンク以来という記録的な大まくりは目前だった。

WGCFedExStJude Invitational_GDO_FinalRd
WGCFedExStJude Invitational_GDO_FinalRd
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US

「パッティングは良かったと思う」と、プレーオフでも可能性を感じさせたグリーン上を評価。3日間マイナスが続いていたパットのスコア貢献度(ストロークゲインドパッティング)も「2.735」とプラスに転じた最終日はフィールド4位。この日のベストスコア「63」の原動力となった。

一方で右ラフから第2打を打つ場面が続いた終盤のプレーへの指摘を忘れなかった。「特に上がりの4ホールは、ティショットが曲がってしまったのでもったいなかった。大事な18番のティショットをミスしているようじゃ、まだまだかなって思う」と振り返る。

新型コロナウイルス陽性となってから復帰戦として自国開催のオリンピックに臨み、米国へとんぼ返りした慌ただしい2週間。「パッティングは、ほんのちょっとしたことで今日は良かった。ショットはもうちょっと時間がかかりそうだけど、結果的には(徐々に)良くなってきている」。シーズン最終盤、再びトップを争える状態にまとめてきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!