ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/07〜01/10 場所:プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

イングリッシュが自己最高17位、松山英樹21位/男子世界ランク

男子ゴルフの10日付の世界ランキングが発表され、PGAツアーの2021年初戦「セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ」で8年ぶりの優勝を飾ったハリス・イングリッシュは29位から自己最高17位に浮上した。

2013年にシーズンをまたいで2勝を挙げた後、不振にあえいだ2019年には373位までランキングを落としたこともあった。昨年9月に開幕した今シーズンは出場7試合でこの復活優勝を含めて5度のトップ10入りを果たしている。

<< 下に続く >>

イングリッシュにプレーオフで惜敗したホアキン・ニーマン(チリ)も45位からキャリアベストを更新する31位に上がった。

ダスティン・ジョンソンジョン・ラーム(スペイン)、ジャスティン・トーマスと不動のトップ3に続き、ザンダー・シャウフェレが2ランクアップで自己最高4位にランクイン。同じく2ランクアップのコリン・モリカワが5位となり、ブライソン・デシャンボーが6位、ロリー・マキロイ(北アイルランド)が7位に下がった。

新年初戦を41位タイで終えた松山英樹は2ランクダウンの21位。日本勢は今平周吾が76位(1ランクアップ)、石川遼が91位(変動なし)、星野陸也が109位(1ランクアップ)、金谷拓実が118位(2ランクアップ)で続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!