ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/07〜01/10 場所:プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

復活Vのイングリッシュ「まだ満足していない」

◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 最終日(10日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73)

最後の勝利から数えて193試合。プレーオフ1ホール目で2m強のバーディパットが残っていた。「もちろん緊張したよ。でも、少し左に切れるラインだったので、カップ右内側を狙って少し強めに打ったんだ」。このパットをカップに沈めたハリス・イングリッシュは、8年ぶりとなる勝利に右手拳を強く握った。

<< 下に続く >>

18-19年シーズンはフェデックスカップランク149位。一時はフル出場の資格を失った時期もある。だが、「シーアイランド(ジョージア州)でチームのみんなが支えてくれた。誰もギブアップしなかった」と、ともに苦境を乗り越えたコーチ、トレーナーらに感謝した。「昔から、こういう状況が好きだったんだ。子供のときも、バスケットボールで時間切れ寸前にボールを持つと興奮したよ」

首位から出た最終日は、チャンスホールの終盤16番(パ-5)でボギーをたたき、首位のホアキン・ニーマン(チリ)に1打ビハインドとなった。「緊張したわけではないけど、悪いショットを打ってしまった。でも、自分が良いプレーをしていることは知っていたんだ」

72ホール目の18番(パー5)も、3Iでピンそば3mにつけるスーパーショットで一気に逆転のチャンスを得たが、イーグルパットはカップの底をたたかなかった。「(入らなかったけど)良いパットを打ったし、今週ずっと良いパットを打てていた。それを信じないといけない。自分に自信を持たないといけないんだ」と、最後まで自分自身を信じ続けた。

肩の荷が下りたという2013年以来のツアー優勝。31歳のイングリッシュは「あと2年と少し、職場を確保できたことが嬉しいよ。ここは1年契約みたいなところだから」と喜んだが、決して望みが低いわけではない。「まだ満足していない。まだ成し遂げたいことがあるんだ」と、貪欲にこの先のキャリアを見据えた。(ハワイ州カパルア/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!