ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/07〜01/10 場所:プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

“最下位タイ”も最終日に上昇気流 松山英樹「スコアは普通になりました」

2021/01/11 10:15


◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 最終日(10日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73)

第1組でスタートし、ホールアウトに要したのは4時間弱。最終日を5アンダー「68」で回った松山英樹は「スコアは普通になりました」と息を吐いた。4日間で初の60台をマークして通算4アンダーまで伸ばしたが、順位は“最下位タイ”の41位タイ止まり。3年ぶりに訪れたカパルアに厳しい結果を突きつけられた。

<< 下に続く >>

グリーン上での苦戦が続くが、この日は5番(パー5)で7.5mを沈めてイーグルを奪取。「今年一番長いパットが入ってくれた」と笑ったが、中盤は2.5mを沈めた12番から4連続バーディにつなげ、「ああいう距離が入ってくると流れも良くなる」と納得できる一打も増えてきた。「パッティングが芯に当たった感じで、そこで何ホールか入ったのは救い」とうなずいた。

1Wショットは右へのミスが散見され、ラウンド中にダウンスイングの動きを気にする素振りを見せていたが、「最後(18番)のティショットは一番良かったし、距離も出ていた。ああいうスイングができるようになれば、きっかけは見つかってくるんじゃないかな」と最後に貴重な感触を手に残した。

次週はオアフ島に移動して「ソニーオープン」でハワイ連戦となる。「いまの状態だと予選落ちが濃厚なので、しっかりと準備して、優勝争いできるところまで持っていけるように頑張りたい」と気を引き締めた。(ハワイ州カパルア/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!