ニュース

米国男子CIMBクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 CIMBクラシック
期間:10/30〜11/02 場所:クアラルンプールG&CC(マレーシア)

ガルシアがCIMBクラシックでRsi TPアイアンをテスト

2014/11/03 10:49

By Jonathan Wall, PGATOUR.COM

セルヒオ・ガルシアがクアラルンプールG&CCで開催された「CIMBクラシック」で、テーラーメイドのRsi TPアイアンとしては、同社ツアー担当が初めて組み上げたセットを使用した。

ガルシアは2位タイで大会を終え、パーオン率は76%で11位タイだった。ジャスティン・ローズもヨーロッパツアーの「BMWマスターズ」でRsi TPアイアンを試したが、最終的にはTour Preferred MBアイアンに落ち着いた。

<< 下に続く >>

Rsi TPアイアンには、過去のツアーモデルに必ずつけられたお馴染の“TPバッジ”が復活。ロングアイアンからミドルアイアン(3番から7番)まではワンピースの鍛造クラブのように見えるが、実際は1025カーボン・スティールホーゼルと431ステンレススティールをプラズマ溶接したツーピース構造となっている。

しっかりとした溶接を施したことで、ツアー選手が好む鍛造のフィーリングを残したままソールとフェースにスロットを施すことが可能になった。なお、ワンピースのショートアイアンは、1025カーボンスティール製となっている。

マーク・レイシュマンが新ボールをテスト

マーク・レイシュマンは「CIMBクラシック」初日前に用具に変更。大柄のオージーは、マレーシアに出国する前にアメリカで試したタイトリストのPro V1xプロトタイプをバッグに加えた。

そのほか、タイトリストの915メタルウッドセット(9.5度の915D3ドライバー、18度の915F5番ウッドを含む)を持ち込んだ。リーシュマンは「フライズドットコムオープン」から、15度の915F3番ウッドにスイッチしている。

ゲーリー・ウッドランドの新ドライバー

ゲーリー・ウッドランドは、キャロウェイと契約を結ぶ選手の中で初めてビッグバーサアルファ815ダブルブラックダイアモンド(DBD)ドライバーを「CIMBクラシック」で実戦使用した選手となった。

ウッドランドが使用したロフト角9度のドライバーは、ロフト角が-1度調整されライ角はNに設定。重量配分はトゥに8グラム、ヒールに2グラムで、グラビティコアはダウンポジションにセットされている。同社のツアー担当によると、ウッドランドは、数週間前にカリフォルニアのカールスバッドにあるエリー・キャロウェイ・パフォーマンスセンターで同ドライバーをテストし、良い感触を得ていたという。

昨年のビッグバーサアルファと似た特徴を持つアルファ815ダブルブラックダイアモンドは、シングルハンディやツアープレーヤーなど、低スピンを求めるハイレベルなゴルファー向けに調節された。低・前重心のアルファ815DDは、ビッグバーサアルファよりもスピン量が100rpm抑えられている。

しかし、リーディングエッジからソールに施されたリブ構造のR-MOTOテクノロジーを搭載したことで、これまで同社が発売してきたドライバーよりもフェースの軽量化に成功。慣性モーメントがアップする低・深重心を大きな要因とし、フェース上部で打つことがやや簡単になっている。 ビッグバーサアルファDDはヒールとトゥの重量も変更が可能(1グラムから5グラムまで)で、ドローとフェードを打ちやすくしている。

■ ナイキ新製品

ナイキと契約を結んでいる選手は、「CIMBクラシック」で同社の新製品を最低でも1つはフィールドに持ち込んだ。韓国のノ・スンヨルは、ナイキのヴェイパープロ(9.5度、グラファイトデザインプロトタイプシャフト)ドライバーと、ヴェイパープロ(4番アイアン)、ヴェイパープロ(5-9番)アイアンセットを使用。ポール・ケーシーはヴェイパースピードフェアウェイウッド(15度、19度)、そしてヴェイパープロアイアン(5-PW)を選択した。

■ クラブ紛失

マット・ジョーンズは「CIMBクラシック」を52位タイで終えたが、優勝争いに絡めなかったのには理由がある。ロサンゼルスから出国してマレーシアに到着後、クラブが機内に積み込まれていなかったことが発覚した。火曜の朝までにクラブが届かなかったため、タイトリストのツアースタッフは韓国で製造されたセットを急遽用意することに。しかし、クアラルンプールG&CCにはタイトリストのツアートラックがなかったため、木曜のティタイム(午前9時)2時間前にあたる午前7時に、ジョーンズ本人にクラブセットを手渡したのだとか。

■ 補足情報

イアン・ポールターは、「BMWマスターズ」前に、ホームコースであるレイクノナで、タイトリストのPro V1xプロトタイプボールをテストした。

「CIMBクラシック」で使用されたパターでもっとも多かったのはオデッセイ製(46.2パーセント)だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 CIMBクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!