ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

R.ムーア、ドライバーを“ステージ2”にスイッチ

By Jonathan Wall, PGATOUR.COM Equipment Insider

テーラーメイドのR1ドライバーは2013年のPGAツアー序盤戦において早くも2勝と、成功を収めている。ダスティン・ジョンソンが「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」を、ブライアン・ゲイが「ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション」を制した。

R1はPGAツアーでナンバーワンの使用を維持する一方で、同じくテーラーメイドの新製品、ロケットボールズ・ステージ2ドライバーは先週、着々と(各選手の)キャディバッグの中にその数を増やしていた。ライアン・ムーアのバッグも含めてだ。

<< 下に続く >>

「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」でR1に変更していたムーアは、前週の「タンパベイ選手権」でステージ2のドライバー(ロフト9.5度、シャフト:アルディラツアーブルー65TX)へのスイッチを決めた。なお、彼は2012年の「ジャスティン・ティンバーレイク・シュライナーズホスピタル for チルドレン」で優勝した際、初期のロケットボールズドライバーを使用。形状や打ち出し角が、昨年握っていたモデルに近かったことで、ステージ2に好感触をつかんだ。

ケーシー・ウィッテンバーグも同じくロフト9.5度のモデルでタンパを戦い、マーティン・レアードは「アーノルド・パーマーインビテーショナル」開幕前の月曜日に、ロフト9度(マトリックス8m3シャフト)のモデルをテストした。

ムーアにとって、ロケットボールズ・ステージ2ドライバーへの変更は、ここ3週間で彼が行った3度目のギアチェンジ。「WGCキャデラック選手権」ではアイアンをピンのS56に戻し、パターはゲリンライフのバルバドス、センターシャフトのモデルに替えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アーノルド・パーマーインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!