ニュース

米国シニア全米シニアオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2017年 全米シニアオープン選手権
期間:06/29〜07/02 セーラムCC(マサチューセッツ州)

フェース溝が“縦”のドライバー!?ジョン・デーリーら使用で注目

通常は横に入っているフェースの溝が、縦に入っているドライバーが米シニアツアーで注目を集めている。同ツアーで平均飛距離1位のジョン・デーリーや、昨年賞金王のロッコ・メディエイトら6人が使用しているという。

そのドライバーは「バーティカル グルーブ ドライバー」。米国のバーティカルグルーブゴルフ社が製造する。Vertical Grooveは和訳すると“垂直溝”。当然、ルール適合モデルだ。同社はインパクト時の余分なスピン量を減らし、弾道が曲がりにくく、10%の飛距離アップを狙えるとしている。

デーリーは5月の「インスペリティ招待」で、このドライバーを使い優勝。メディエイトは今週のシニアメジャー「全米シニアオープン」で使用している(デーリーはケガのため欠場)。

ヘッド体積は450cc、シャフトの長さは45.5インチ。ロフト角のバリエーションは8、9.5、10.5、12度。シャフトはアルディラNV2Kシリーズが標準装着されており、フレックスはL(45g)、A(50g)、R(55g)、S(65g)、X(65g)が用意されている。価格は399.99ドル。バーティカルグルーブゴルフのサイト(英語)

フェースの溝は通常、横(地面に沿って平行)に入っており、近年ではスピンを抑えるため溝を入れないモデルも増えてきた。昨年、ヨネックスがフェースの溝を斜めに入れた「トライプリンシプル ユーティリティ」で話題を集めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 全米シニアオープン選手権

  • 2017/06/29~2017/07/02
  • 賞金総額:3,750,000US$
  • セーラムCC(マサチューセッツ州)



特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。