ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/20〜02/24 場所:リッツカールトンGC(アリゾナ州)

<佐渡充高の選手名鑑 65>ハンター・メイハン

■ 寒暖の差、距離感の難しさ

大会会場はアリゾナ州ツーソン郊外に位置する、リッツカールトンGCダブマウンテン。サボテンの森を縫うように、ホールが続く独特の雰囲気を持つコースだ。全長7,847ヤードと長いが、砂漠地帯のために乾燥が激しく、打球は1~3%も飛距離が伸びる。打球が高く滞空時間の長いショートアイアンほど飛ぶ割合が高いとされる。朝夕の寒暖の差が激しく、霜が降りたり、雪が降ることもあり、気温の差でも飛び具合は変わる。グリーンも小さめで適度なアンジュレーションが効いており、アイアンショットの距離感、正確性、ショートゲームのバリエーション、巧妙なパットがうまくシンクロしないと勝ち残れない環境とコースだ。最近の優勝者を見ても、飛ばし屋の選手よりもショットメーカーが多い。

■ 昨年優勝のハンター・メイハンはツアー屈指のショットメーカー

昨年は優勝候補のロリー・マキロイを決勝で破り、ハンター・メイハンが同大会初優勝を飾った。意外に思うかもしれないが、実はメイハンはPGAツアー屈指のショットメーカーとして知られる選手である。昨年のスタッツを見るとそれは明らかだ。平均飛距離は293ヤードで61位とアベレージを超える程度だが、フェアウェイキープ率では67.7%で16位、この2つのランクの順位の合計で算出されるトータルドライブは2位。つまりティショットがツアーで2番目に上手いということだ。さらにパーオン率は13位で、この3つの分野の順位の合計で算出するボールストライキングでは4位となる。それに加えて、大会週からパットが冴え渡った。クラブ契約のピン本社が会場から車で2時間と近く、パットの調子が良くなかったメイハンは、構えの向きをレーザーで調べたところ3.6メートル先の目標に対して、ヘッドが5センチも左を向いていることが分かった。修正するとパットが面白いように決まりだし自信を深めた。持ち前のショットにパットの冴えが加わり、まさにシンクロ率100%に近い状態だった。

■ サングラス、ダルビッシュ、タイガー・ウッズ

メイハンのトレードマークはサングラスだ。父親が元サーファーで、秘密麻薬捜査官だ。いつもサングラスをしていた父を真似て、メイハンもサングラスをかけるようになった。現在はテキサス州ダラスを拠点にし、通算5勝のうち世界選手権(WGC)は2勝の実績。地元では著名な名士としてチャリティ活動を積極的に行っている。現在、メジャーリーガーとして活躍するダルビッシュが、メジャーリーグデビューを飾った試合では始球式に参加した。タイガー・ウッズに現在のコーチ、ショーン・フォーリーを紹介したのもメイハンだ。そのためタイガーと一緒に練習ラウンドをしたり練習を行うことが多い。世界ランク1位の最長記録保持者のタイガーと行動を共にすることで、勝利のエッセンスや刺激を受けていることも最近の躍進の理由かもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る

佐渡充高(さどみつたか)
ゴルフジャーナリスト。1957年生まれ。上智大学卒。大学時代はゴルフ部に所属しキャプテンを務める。3、4年生の時に太平洋クラブマスターズで当時4年連続賞金王に輝いたトム・ワトソンのキャディーを務める。東京中日スポーツ新聞社を経て85年に渡米、ニューヨークを拠点に世界のゴルフを取材。米国ゴルフ記者協会会員、ゴルフマガジン「世界トップ100コース」選考委員会国際評議委員。元世界ゴルフ殿堂選考委員。91年からNHK米ゴルフツアー放送ゴルフ解説者。現在は日本を拠点に世界のゴルフを取材、講演などに飛び回る。

関連リンク

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!