2019/03/05モテゴル研究部

何もないからこそ…都会の喧騒を忘れてのんびりできる島

アンジュレーションの読みも要求される、攻略しがいのあるグリーンとなっています。南国を思わせる「ガジュマル」や「アラマンダ」の木々、「ハイビスカス」などの花々だけでなく、本島ではあまり見かけることのない野生の孔雀
2019/04/06オーガスタ女子アマ2019

安田祐香がオーガスタで練習ラウンド 松山英樹と握手

」。女性らしい感性で「コースを傷つけたら(マズイか)なあ…」と夢見心地でいながらも、「テレビで見るよりアップダウンもあるし、アンジュレーション(傾斜)も強い」と、しっかり観察。ハウスキャディの指示で“明後
2019/01/17GDOEYE

“アホの傑作”タイ・パタヤの理想郷的ゴルフ場

。日々の運営コストを賄うには、1日最低80人のプレーヤーが必要だという。 実際にプレーしてみた。フェアウェイは広く寛容だが、グリーンはアンジュレーションに富み、戦略的に配されたガードバンカーや刈り込まれた
2018/11/01TOTOジャパンクラシック

15年前に24アンダーの記録V 選手たちの展望は

んじゃないかな」という。 世界ランキング1位のアリヤ・ジュタヌガンが「今年試合をした中で一番ハードなグリーン」というように、アンジュレーションがきつく、スピードも出ているグリーンをいかに攻略できるか
2018/11/03シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

「入ってくれなかった」小平智はラスベガスでパットに苦悩

アンジュレーションもある。(グリーン上の)やりにくさはあった」と決め切れなかった。 グリーン上の停滞は、終盤の流れを悪くした。目の前に木がある右ラフから第2打を花道まで運んだ7番で、初のボギーをたたき3
2018/10/14日本オープン

落胆大きく…アダム・スコットは通算6オーバーで終戦

持ち替えた。それでも、「パットはそこまで悪くない。アイアンショットが悪くて、近くにつけることができなかった。このグリーンはアンジュレーションが多いし、ロングパットはとても難しいものになる」と、ぶれたアイアン
2018/09/26日本女子オープン

史上2人目の3連覇へ 畑岡奈紗「調子と相談しながら」

狭く感じるし、距離もラフも長い。グリーンもアンジュレーションがあって、つける位置によっては難しい。優勝スコアは10アンダー行くか行かないか」と分析した。 6月「NW アーカンソー選手権」で米ツアー初
2018/08/15ウィンダム選手権

好感触の手応えは「もうない」 松山英樹の苦闘は続く

入りで報じ、大きな期待とともに5回目の参戦を伝えた。 松山は開幕2日前の火曜日にコース入り。正午過ぎからアウト9ホールの練習ラウンドをこなし、感触を確かめた。グリーンはアンジュレーション(起伏)が強く
2018/05/25モテゴル研究部

瓦屋根平屋造りのクラブハウスが印象的なゴルフ場

、フェアウェイの微妙なうねりとグリーンのアンジュレーションが、上級者も手をやく設計になっています。 印象に残ったのはセパレートされた2グリーンです。ゴルフ場によっては2つのグリーンの真ん中に打っておけば
2018/05/30ヨーロピアンツアー公式

マッテオ・マナッセロによるイタリアオープンのコース解説

について 「多くのアンジュレーションや、いくつか坂のあるトリッキーなコースです。テレビではよく分かりませんが、傾斜を考慮して打たなければならないティショットがたくさんあります。グリーンは小さく、いくつか
2018/04/26モテゴル研究部

市川ゴルフでショートゲームの腕を磨こう

アンジュレーションが難度を上げ、1オンしても気が抜けません。 また、ナイター設備が整っているので日焼けしたくない女性をお誘いするにもオススメです。最終スタートは20:00。仕事帰りにゴルフデートもできますね
2018/04/03マスターズ

「強くなれた3カ月」小平智は遠回りの出場切符に感謝

。最終18番のきつい登り坂に息を切らしながらも、目は生き生きと輝いている。「グリーンのアンジュレーションがきついけど、ただそれだけ。普通のコースです、まじで」と本気か冗談かわからない大溝節も健在だ。 小平
2018/03/27ミズノオープン

705ydのパー5も 「全英」争いの舞台はツアー最長8007yd

プランを掲げる。ツアー史上最長ホールとなる705ydの16番(パー5)に関しては「風向きに関わらず、4日間(705ydで)やる可能性は相当に高いと思う」とした。 また、面積が広くてアンジュレーション
2018/03/30中古ギア情報

賞金女王・鈴木愛の使用パターをチェック

賞金女王の鈴木愛が「Tポイントレディス」で今季初優勝を飾った。この大会は今年から会場が茨木国際GCにかわり、アンジュレーション(起伏)の多いグリーンに戸惑うプロも多かったようだ。しかし鈴木は、大会2