ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 チューリッヒクラシック
期間:04/26〜04/29 TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

佐渡充高が簡単解説!初めてのPGAツアー【第三十四回】

■ 「チューリッヒクラシック」の歴史

1938年「グレーターニューオリンズ・オープン」として開幕、今年74年目。メジャーを除くと8番目の歴史を誇る。「NBCニューオリンズオープン(1975年~)」、「グレーターニューオリンズ・オープン(1980年~)」、「USF&Gニューオリンズオープン(1981年~)」など変遷を経て、2005年から「チューリッヒクラシック」と大会名を10度変更している。※1949~57年までは第2次世界大戦の影響で開催されず。過去プレーオフは10回を記録。開催場所であるTPCルイジアナは、7,520ヤード、パー72のコースで、設計はピート・ダイとスティーブ・エルキントン、ケリー・ギブソン。

■ 地元出身者たちがトーナメント開催に尽力

アメリカのディープサウスに位置するニューオリンズはゴルフの歴史が長い。とくにここルイジアナ大学出身の選手たちは、皆で力を合わせてトーナメントを盛り上げようと努力している。2005年に突如襲ったハリケーン・カトリーナによる甚大な被害を被ったことで、この地域はさらに結束を固くしている。現在は、開催コースをTPCルイジアナに移し、デビッド・トムズが中心となって大会を盛り上げる。この大会は、誰か1人の選手がホストとして立つ訳ではなく、地元出身者たち全員がトーナメント開催に尽力する。開幕前の火曜日にはレッスン会が行われ、ルイジアナ出身選手が参加するなど、地域密着で貢献、時間や手間を惜しむことなく協力している。また、この大会も「ウェストマネジメント フェニックスオープン」とまではいかないが、ギャラリー数が非常に多く熱狂的な大会なのも特徴のひとつ。地元住民たちも、出身選手が大会の盛り上げに貢献していることを知っているので、皆こぞって会場に足を運ぶのである。そのためトーナメント期間中は、ルイジアナ大学出身の選手に対する応援や拍手は盛大だ。

ただルイジアナという場所は、ゴルフ場には不向きとも言える。と言うのも、標高が低く、あるゴルフ場では地表の面積よりも、水面の面積の方が大きいというゴルフ場もあるくらいだ。土地が低いので、素晴らしいゴルフ場と言えるところは少なく、他州よりも地形に恵まれていなかった分、なおさら“ゴルフ”という競技を大事にしようという思いがあったのかもしれない。

また、この地域はケイジャン料理が有名だ。ケイジャン料理とは、地元で手に入る食材を生かした、素朴でシンプルな庶民の料理である。チリペッパーなど香辛料が効かせ、エビやカキ、カニを中心に魚介類がふんだんに使われる。また長い間自給自足せざるを得なかったため、ナマズ、アメリカザリガニ、カエルといった土着の食材もよく使われ、食事文化も楽しめる。

おすすめ記事通知を受け取る

佐渡充高(さどみつたか)
ゴルフジャーナリスト。1957年生まれ。上智大学卒。大学時代はゴルフ部に所属しキャプテンを務める。3、4年生の時に太平洋クラブマスターズで当時4年連続賞金王に輝いたトム・ワトソンのキャディーを務める。東京中日スポーツ新聞社を経て85年に渡米、ニューヨークを拠点に世界のゴルフを取材。米国ゴルフ記者協会会員、ゴルフマガジン「世界トップ100コース」選考委員会国際評議委員。元世界ゴルフ殿堂選考委員。91年からNHK米ゴルフツアー放送ゴルフ解説者。現在は日本を拠点に世界のゴルフを取材、講演などに飛び回る。

関連リンク

2012年 チューリッヒクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。