ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

~プロのこだわり5箇条~ <第10回>武藤俊憲

2012/12/27 12:04


<1>毎日8時間は寝る
お酒も飲まないし、夜は食事をしたらベッドで本を読んで寝る生活をしています。疲れを取るためには睡眠が一番ですね。僕はかならず8時間は寝るようにしています。次の日のスタート時間からきっちり逆算することはないですが、睡眠時間が足りないと体が思うように動かない気がするので。

<2>コース入りは2時間30分前
必ずスタートの2時間30分前にコースに入るようにしています。着いたら食事をして、準備をして、ストレッチを行って1時間前にドライビングレンジに向かいます。ちなみに、レンジでは20分程度しかボールを打ちません。ラウンド後には時間の許す範囲で各番手をチェックしながらたっぷり打ち込みますが、ラウンド前は軽めにしています。スタートの40分前に練習グリーンに移動して、リラックスモードでパッティングのタッチを合わせてスタートしています。

<3>ストレッチは入念に!
ラウンド前にしっかりとストレッチをするようにしています。肩、腰、足が中心になりますが、特に体の裏側を念入りに行います。肩を含め背筋が硬い状態では、スムーズなスイングができませんし、故障の原因にもなりますので、アマチュアの方々も肩胛骨の周りの筋肉をほぐしてからスタートするようにして欲しいですね。

<4>朝ご飯はしっかり食べる
朝食はしっかりと食べるようにしています。試合の時はスタートしたらホールアウトまでラウンド中の補給はバナナなど軽いものに限られてしまいますので、ゴルフ場に着いたらまず食事です。僕は必ずごはん、お米を食べます。パンや麺類では力が出ないような気がするので。日本人ですからお米が一番です。

<5>ラウンド後に気になったポイントをメモする
練習ラウンドで注意点や攻略ポイントをコースメモに書き込んでいますが、試合のラウンド中にも気づくことはあります。そういう時はラウンド中にもすぐにメモしておきます。次の日のラウンドに備えて、夜寝る前にイメージトレーニングをすることもありますし、気になったことは忘れないようにメモするのが習慣になっていますね。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。