ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

オリンピアフィールズで開催された2003年「全米オープン」で優勝 ジム・フューリック使用ギア

ジム・フューリックはいつだって腕力ではなく知力に頼ってきた。一度も平均飛距離でトップ100入りしたことはないが、ウッドとアイアンの両方がずば抜けて精度の高い純粋な戦略家である。

ペンシルベニア生まれのフューリックのバッグの中身は、ボール初速や飛距離ではなく、スピンや精度を重視した内容となってきた。端的に言えば、ゲーリー・ウッドランドではなく、ベルンハルト・ランガーのような選手なのである。

<< 下に続く >>

「BMW選手権」でPGAツアーの舞台となったオリンピアフィールズは、2003年「全米オープン」でフューリックがついにメジャー初優勝を果たしたコースである。フューリックにとっては初にして唯一のメジャー制覇となった。彼には「最高の選手はメジャーに勝てない」という、あまり有り難くないレッテルが貼られていたが、通算8アンダーで、2位に入ったスティーブン・リーニー(オーストラリア)に3打差をつけ、そのレッテルを剥がしたのである。

当時もフューリックのバッグは、ゴルフコースで正確にボールを運ぶことに重点を置いて構成されていた。彼は珍しい5番ウッドや4本ウェッジの使い手であり、4番アイアンの入っていない独特のアイアンセットを使用していた。

フューリックのバッグ内における飛距離の段階づくりは常に同じに保たれており、そのセットはかなり細かい数字を打ち分け、狙った打ち出し角でボールを飛ばすためにデザインされているのである。

では、2003年当時のバッグの中身を振り返ってみよう。

ドライバー: タイトリスト983K(8.5度)
シャフト: UST プロフォースゴールド 65X

3番ウッド: テーラーメイド200(15度)
シャフト: ハリソン プロ2.5 7X

5番ウッド: オリマー トライメタル(19度)
シャフト: アパッチ 80X

アイアン: ホーガン エイペックスプラス フォージドキャビティ(3番、5番?PW)
シャフト: アポロハンプ S

ウェッジ: タイトリスト ボーケイ(250-08@51度、256-14@55度)、ホーガン コロニアル プロトタイプ(60度)
シャフト: トゥルーテンパー ダイナミックゴールド S400

パター: ベン・ホーガン by ベッティナルディ “ビッグベン”

ボール: トップフライト ストラタツアーエース

(協力/ GolfWRX、PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!