ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:11/06〜11/09 場所:シェシャンインターナショナルGC(中国)

4番目に易しい!? 優勝争いでは波乱続出の魔のホール

By Jeff Shain, PGATOUR.COM

「WGC HSBCチャンピオンズ」が“アジアにおけるメジャー大会”ならば、会場のシェシャンインターナショナルGCの西コース、538ヤードの最終18番もまた、アジアで最も印象に残るホールとして歴史に残るかもしれない。

最も歴史の浅いWGCの大会会場は、パー5の18番でのバーディで勝負が決まっている。ここには過去9回のうち2度のプレーオフも含まれる。とはいうものの、ホールの右側に沿うようにして配された池が、ティショットとアプローチショットを打つ際のプレッシャーになる。実際ここでは、数多くの池ポチャも起きているのだ。

<< 下に続く >>

「ティショットで定位置につけたら」と言うのは、グレーム・マクドウェル。「3か4で回れるよ。だけど一度ミスを犯せば、例えばボールが少しでもそれたり、予想外の展開に見舞われたら、ボギーやダブルボギーは確定してしまうだろうね」

2007年の「HSBCチャンピオンズ(当時)」で行なわれた、三つ巴のプレーオフがその一例。フィル・ミケルソンがボギーを叩き、ロス・フィッシャーが最終18番で2オーバーとし、勝負はプレーオフに持ち越された。

プレーオフにはリー・ウェストウッドも参戦。彼はパーセーブに成功してプレーオフに駒を進めたが、2ホール目にミスをおかした。

ウェストウッドはバーディでミケルソンの優勝が決まった後、「自分がプレーオフに進むなんて、想像もしてなかった。残り1ホールになった時でさえ」と振り返った。「だけど、ミケルソンとフィッシャーはもっといい成績で終わるはずだった。まあ、初めての18番ホールでのゴタゴタに見舞われたからね。なんとも興味深い大会だよ」

18番ホールは池のカーブを囲むような形状で、左へと飛ばし過ぎるとひそかにOBが待ち受けている。フェアウェイからでも、220ヤードほどの第2打は、2オン狙いにすべきかどうかプレーたーたちを悩ませる。

池はホール右側からグリーン手前まで突き出ているので、飛距離が足りないと悲劇が待っている。2009年大会最終日でミケルソンを追いかけていたアーニー・エルスが池につかまり、勝利のチャンスを逃したのがこの場所だ。

「手ごわい下り傾斜があって、僕は(クラブを何にしようか)迷っていた。4番アイアンは無理だなと思っていたよ」と、エルスは振り返る。「5番ウッドで左を向いてスライスさせようと思った。だけど下り傾斜のせいで、体重が後ろに残ってしまい、(ボールよりも先に)地面を叩いてしまった。ダフってしまったわけさ」

統計で見れば、シェシャンインターナショナルGCは昨年大会の中で4番目に易しいコースに選ばれている。だがよく見ると、会期中でイーグルが出たのは3回だけ。易しいコースランキングに入った、パー5のホールでは異例ともいえる。

その一方で、ダブルボギーかそれ以上は13回。トータル数では2つのホールを上回るだけだ。「手ごわく、重要な最終地点だね」と、2011年大会の覇者マーティン・カイマーは言っていた。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!