ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGC HSBCチャンピオンズ
期間:11/06〜11/09 場所:シェシャンインターナショナルGC(中国)

後輩・松山英樹も発奮 岩田寛がWGCでベストスコア!

中国のシェシャンインターナショナルGCで開催されている「WGC HSBCチャンピオンズ」2日目。岩田寛が7バーディ、ノーボギーの会心のゴルフでベストスコア「65」を叩き出した。通算6アンダーは単独首位のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)に4打差の3位タイ。初の世界選手権シリーズで才能の片鱗を披露した。

グリーン上でチャンスを何度も逃して初日1オーバー。この日もスタートホールの10番でバーティパットを決めきれず、続く11番ではフェアウェイバンカーからの第2打がアゴに当たり「すごくイライラした」と、悪い予感が頭をよぎった。それを吹き飛ばしたのは直後のプレー。ラフから残り90ydの3打目をグリーンに置き、4mを沈めてパーセーブ。後に続くバーディラッシュの幕を自ら開けた。

<< 下に続く >>

13番から2m以内のチャンスを確実にものにして2連続バーディ。16番で3つ目を奪って折り返すと、後半アウトは圧巻のトータル9パット(18ホール21パット)。「寄せようと思ったのが、ストロークがすごく良かった」という4番では、段の上から12mのラインを読み切るなど、4バーディを重ねた。

世界のトッププレーヤーが集うWGCでリーダーボードの上位に名前を掲げても「まだ2日目」と淡々。プレー中に動きを止めないマナーの悪い一部のギャラリーについても「あえて止めないで、動くものだと思ってやっていた」。余計な高揚感はまだ微塵もない。

9月「フジサンケイクラシック」で悲願の初優勝。あと一歩が届かない未勝利の時間が長かったが、国内ツアーを戦う選手たちからは、かねてからスイングの美しさやテンポに定評があった。その岩田も感嘆するのが後輩のショット。「アイアンショットは英樹のが好き。完全に世界クラス。いつも調子悪いって言ってるけど…」。同じ東北福祉大OB・松山英樹を追うように、年末には米ツアー下部ウェブドットコムツアーの最終予選会に挑戦する。

そしてその後輩にとっても、岩田は惹きつけられる存在だ。この日の松山は先にホールアウトして先輩のビッグスコアを確認。「ずっとお世話になっていて、ずっとうまいなあと思っていた。今年、成績がいいのにも僕はまったく驚かない。QTを受けるということなので、(一緒に戦う)チャンスがあれば、僕も頑張らないとなと思う」と頷いた。

残り2日、「意気込み?…我慢。我慢すること」とスタイルを変えるつもりはない。ムービングデーは最終組ひとつ前でのラウンドで、じっくりと快挙のチャンスをうかがっていく。(中国・上海/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!