ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:07/31〜08/03 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

ウッズ 出入り激しくも 「68」に前向き

By Brian Wacker, PGATOUR.COM

PGAツアーでは今年3月初め以降、やっと7日目のラウンドをプレーし終えたタイガー・ウッズ。ファイヤーストーンCCでの初日のスコア「68」は復調への一歩だと話した。

これは、3カ月以上の戦線離脱を余儀なくされた腰の手術を超え、ウッズの復活する能力を示したと言える。

<< 下に続く >>

「WGCブリヂストンインビテーショナル」初日、ウッズはボギーを2回、ダブルボギーを1回たたいたが、その後のバーディで挽回した。

「ある程度の進歩はあったと思う」と、この日を振り返るウッズ。「ちょっと時間がかかるだけのことだ。流れに乗ろうとしてるところだよ」。

ウッズは「WGCブリヂストンインビテーショナル」では昨年を含め、8度の優勝歴を誇る。今年は、首位のマーク・レイシュマンを4打差で追いかける展開だ。

1番で約3メートルから3パットのボギーと、出だしでつまずいたウッズ。続くパー5の2番では、ティショットを大きく左に外したが、ツーオンに成功し、約14メートルから2パットで沈め、この日獲ることになる6つのバーディの1つ目を奪取した。

しかし、4番ホールではアプローチショットがグリーンに届かず、そこからの寄せにも失敗して再びボギーとした。かと思うと、続くパー3の5番で、ティショットを約60センチ以内につけてバーディとし、埋め合わせした。

6番と8番でも、アプローチショットを寄せてバーディを奪取。だが、パー4の9番でトラブルが発生した。ティショットを林に入れて脱出に2打を要し、グリーンに乗せたのは4打目。結果は6打のダブルボギーだった。

次の10番では、2メートル弱を沈めてバーディ。パー5の16番でもバーディとした。

「今日、僕のアイアンショットの多くはピンそばにつけた」と語るウッズ。この日は、8ホールでフェアウェイをキープし、12ホールでパーオンした。「それはつまり、僕がボールをつかまえ、手ごたえが戻りつつあるってことだよ。軌道修正に向かっているんだ。再び“正しい”数字を出せるボールを打てるようになってきている」。

ウッズは、ロイヤルリバプールで開催された「全英オープン」では通算6オーバーの「294」で69位と、自己ワーストのスコアの1つを記録した。

とはいえ、なじみのあるファイヤーストーンでは歓迎ムードを感じるだろう。1年前には2日目に「61」をマークし、2位に7打差をつけて、この大会8度目の優勝を飾ったのだ。

「いい力試しになるだろうね」と、ウッズ。「風は出ているけど、決して強くはない。こういったスコアを多く目にすれば、選手たちのモチベーションが下がることもないだろう。スコアメイクはできるはず。まあ、本当にいい成績を残すのは大変だけどね」

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!