ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:07/31〜08/03 場所:ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

ローズとシュワルツェルが首位のレイシュマンに肉薄

ファイヤーストーンCCで開催されている「WGCブリヂストンインビテーショナル」初日は、ジャスティン・ローズとチャール・シュワルツェルがラウンド終盤にすばらしいゴルフを見せ、首位に立ったマーク・レイシュマンに1打差まで詰め寄った。

バックナインからのスタートだった南アフリカのシュワルツェルは10ホールを終えた時点ではイーブンパーだったが、4番から4連続バーディを奪うなど、最後の8ホールでスコアを5つ伸ばし、「65」で初日のラウンドを終えた。

<< 下に続く >>

シュワルツェルは、「ラウンドが進むほどゆとりが出てきた。スタートから最初の9ホールは良くなかったね。ドライバーがさっぱりだった」と振り返った。

「でも、1番でボギーをたたいた後はショットが良くなった。それ以降は、9番ホールを除いてミスショットが一つもなかったんだ」。

かつての「全米オープン」王者であるローズも、終盤に3つのバーディを奪ってスコアを伸ばし、米国のライアン・ムーアに並んだ。シュワルツェルを含むこの3人は5アンダーとして、リーシュマンの1打差につけている。

第143回「全英オープン」を迎える前にキャリア初となる2大会連続優勝を遂げ、昨日34歳になったローズは、「ラウンド序盤は何度かトラブルに陥った。特に3番ホールでは右側に打ち込み、そこからチップアウトせざるを得なかった。ウェッジのショットもグリーンを捉え切れなかったけど、チップインでパーをセーブしたんだ」と述べた。

「今日はそういう転機のおかげで、勢いを持続できた。ラスト4ホールで3バーディと、力強い締めくくりになったね」。

ロイヤルリバプールで5位タイとなって以来の大会出場となったレイシュマンは、8バーディ、2ボギーの「64」で回り、6アンダーで初日を終えた。

オーストラリアのレイシュマンは「何はさておき今日はドライバーが良かった。フェアウェイにいれば、このコースはずいぶん楽になる。ラフからのプレーは、とても厳しいからね」と語った。

「今日はアイアンも冴えていて、パットも言うことなしだった。こういうタフなゴルフコースを回る上での良いコンビネーションができていた。この調子が続くといいね」。

前半の9ホールは初めと終わりのホールでバーディを奪ったフランチェスコ・モリナリは、14番から2ホール連続でバーディとした後、17番でこの日唯一のボギーをたたいて、初日を3アンダーで終えた。

「今日のスタートには満足している。フロントナインはとても良いプレーができ、バックナインはそこまででもなかったけれど、それでもパットは向上し、いくつかバーディを追加できた」とモリナリ。

「ここアクロンはいつもコースが最高の状態だね。だからすばらしいスタートが切れたよ」。

「全英オープン」を2位で終え、2014年のメジャーではこれまでの3大会すべてでトップ5入りを果たしたリッキー・ファウラーは、終盤にスコアを3つ伸ばし、3アンダー。カナダのグラハム・デラエに並んだ。

パトリック・リードは11番からの3連続などバーディを6つ奪って、一時は首位に立ったが、終盤の6ホールでボギーを2つたたき、「67」で初日を終えた。

この大会8勝にして昨年も優勝しているタイガー・ウッズは、ドライバーに苦しむも、ミスの多かった前半の最後のホールでたたいたダブルボギーからの盛り返しを見せ、後半は2つスコアを伸ばし、2アンダーの「68」だった。

直近の2大会で連続2位入りしているセルヒオ・ガルシアは、バックナインからスタートし、出だしの3ホールで2つのバーディを奪うも、3番ホールでボギーをたたいて、この日のスコアを2アンダーとした。ジェイミー・ドナルドソンキーガン・ブラッドリーらと9位タイで並んでいる。

ロリー・マキロイは、この大会で世界ゴルフ選手権初優勝を飾ることができればアダム・スコットを抜いて世界ランク1位に返り咲くことができる。フロントナインの8番でダブルボギーをたたくなどウッズと同じような運命をたどり、首位から5打差の1アンダーで初日を終えた。

数週間前にメジャー3勝目を挙げた北アイルランドのマキロイは、10番からスタートし、初めの11ホールで3つのバーディを奪った。

しかしながら、3番で3パットのボギーをたたき、お粗末なティショットを放った8番ではスコアを2つ落した。だが、最終ホールでバーディを奪って気を取り直し、「69」とした。

「ラウンドの大半はとても良く、とてもソリッドなプレーができたように感じている。8番では残念なダブルボギーがあったけれど、それ以外はどのプレーにも満足している」とマキロイ。

世界ナンバーワンのスコットは、マキロイ、そして「マスターズ」王者のバッバ・ワトソンと1アンダーで並んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!