ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

浮かれないマキロイ 勢いに乗れば止まらない

By Brian Wacker, PGATOUR.COM

ロイヤルリバプールで「全英オープン」を制してから1週間、ロリー・マキロイとクラレットジャグ(優勝トロフィー)は何千キロもの距離を移動してきた。

故郷である北アイルランドのベルファストに始まり、南フロリダの自宅、そして今週出場する「WGCブリヂストンインビテーショナル」へ。

両親の自宅では、テレビとトイレ以外の場所で何枚も記念写真が撮影され、マキロイと家族、友人らはクラレットジャグに注いだ飲み物で、のどを潤した。

だが、マキロイは浮かれてなどいない。次へ進む準備は整っている。

マキロイは29日(火)、「『全英オープン』優勝を楽しめてはいるけれど、それだけが今シーズンの目標ではないから。もっと成功を収めたい」と語った。

「成功をつかんだら目標を再設定しないといけない。今シーズンは3分の2を終えたところ。前に進み続けて、これから何を成し遂げたいか考えないといけない。シーズンが終わった時に自分が達成したことを振り返って、ようやく満喫できる」。

過去3年で2度トップ6に入ったファイヤーストーンで、つかんだ勢いと良い流れを持続させたいと考えている。

来週はバルハラで開催される「全米プロゴルフ選手権」に出場、その後は1週間のオフを挟んで、フェデックスカップのプレーオフシリーズに臨む。

現在世界ランキング2位のマキロイには、2012年以来となる1位に返り咲くチャンスもある。

過去の成績を振り返ってみても、勢いに乗ったマキロイは止まらない傾向が強い。

コングレッショナルで開催された2011年の「全米オープン」で自身初のメジャー優勝を果たした後、出場したPGAツアー6大会で4度トップ6をマーク。

2012年にキアワで開催された「全米プロゴルフ選手権」優勝後は、プレーオフシリーズで2勝をあげ、PGAツアーと欧州ツアーの年間最優秀選手賞に輝いた。

マキロイは「(今回は)『全米オープン』を優勝した時とは明らかに違う。2011年はその後オフを取ることもできたし、初優勝をただ喜んでいた。勝ち方も良かったけれど、メジャーに初勝利して、ほっとしていた」と話す。

「メジャー2勝目となった『全米プロゴルフ選手権』の時と似ているね。優勝して、新たに達成したい目標を設定した。当時は気持ちを切り替えて目標を掲げ、その大半は成し遂げてきた。だから今回もゴールを設定し直して、前進するだけさ」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。