ニュース

米国男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹「まだ火曜日」、丸山大輔「もう帰りたい」

今週、オハイオ州アクロンにあるファイヤーストーンCCで31日(木)に開幕する「WGCブリヂストンインビテーショナル」に出場する日本勢は総勢3人。松山英樹丸山大輔竹谷佳孝はこの日、一緒に18ホールの練習ラウンドを行った。

松山にとっては、昨年21位に入ったコースであり、フル参戦1年目のスケジュールの中では数少ないラウンド経験のあるコース。「関係ないっすよ」と鼻で笑うが、今回もすでに土曜、日曜に9ホールずつを回って、今日も18ホールをラウンド。この日は、かつてのエースドライバーを持ち込んで、現ドライバーと打ち比べるなど、クラブやスイングの微調整に費やした。

最終日に向けて、徐々に集中力を高めていくのが松山のスタイルだけに「まだ火曜日ですからね」と、表情も終始柔らかいままだった。

一方、昨年10月の国内男子「ブリヂストンオープン」覇者の丸山大輔は、今大会初出場。今年1月に右足小指を骨折し「2ヶ月くらい足がつけない状態だった」という43歳は、「最近、飛ばなくなってきたと思っていたところで、怪我で筋肉が落ちてしまって…。それで、このモンスターコースですからね」と、飛距離への不安をぬぐい切れない。

「早く帰りたい」とこぼすものの、今大会に予選落ちは存在しない。「4日間、地獄です」と本戦を前に出てくるのは自虐的な言葉だった。

なお、この日予選ラウンドのペアリングが発表され、松山はブラント・スネデカー、丸山はケビン・ストリールマンと同組となった。(オハイオ州アクロン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。