ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

難関ベイヒルを制すのは?「アーノルド・パーマーインビテーショナル」優勝予想

By Rob Bolton, PGATOUR.COM

ベイヒルがメジャー開催地以外のコースで難易度が最も高いとされたのは、わずか5年前のことだ。パー70のコースとして開催された3大会のうち、最後の大会となった2009年の平均スコアは実にパーに対して+2.190ストロークだったのである。しかし翌年以来、今年で5年連続でパー72のコースとして「アーノルド・パーマーインビテーショナル」を開催することになる同コースは、今週のスコアが予想通りのものになれば、その難易度の高さはフロリダ・スウィングと呼ばれる一連のフロリダを舞台とする連戦(全4試合)の中でも3番目に位置することになる。

「WGCキャデラック選手権」の開催地であるトランプナショナルドラール、そして「バルスパー選手権」の開催地であるコッパーヘッドの平均スコアがそれぞれ+1.852及び+1.433となる中、ベイヒルでも近年のような好スコアは生まれにくくなることが予想される(パー70の「ザ・ホンダクラシック」開催のP G Aナショナルは+0.408と比較的落ち着いた平均スコアとなった)。

ベイヒルに関して際立つのは、規定打数の増加と共に合計スコアも上昇傾向にあるところだ。昨年の出場選手による平均スコアは、規定打数に対し+0.928ストロークとなっており、これはメジャー開催地以外のパー72のコースでは3番目に高い難易度となる。2010年にアーニー・エルスが同大会を通算11アンダーの「277」ストロークで優勝して以来、2011年にトロフィーを掲げたマーティン・レアードは通算8アンダーの「280」、そしてその後の2年間は、連覇を果たしディフェンディングチャンピオンとして今大会に臨むタイガー・ウッズが2年連続で通算13アンダーの「275」を記録する形で優勝スコアは推移している。

アーノルド・パーマーインビテーショナル」は120人の招待選手にしか門戸が開かれていない限定的な大会である為、経験が大きく物を言うのは言うに及ばず、予選通過を果たすとなると、一度でもここでのプレーを経験した選手に利があるのは明白である。1980年以来、初出場でこの大会を制したのは1990年のロバート・ガメスのみであり、そのガメスは1打差でグレッグ・ノーマンを振り切って優勝するにあたり、72ホール目でのイーグルを要したのである。それはガメスにとってそのラウンド2つ目のイーグルであり、最初のイーグルはパー5の6番で奪っている。ガメスは優勝したその大会で、一週間を通してパー5のホールを計12アンダーで回っており、今日でもそのパー5のスコアの重要性は変わっていない。

過去2年、ここでの連覇を果たしているウッズは、それぞれ違ったやり方で優勝を手にしている。2012年ではパーオン率とスクランブル率で1位タイの成績を収めたウッズだったが、昨年はそれぞれ34位タイと32位タイと、スタッツ上の順位を落としている。一方、パット貢献率となると、2012年は4位、そして2013年は1位となっている。ここからもウッズが常にパッティングを武器としていることが窺われるが、彼はパー5のスコアでも一貫した強さを発揮しており、優勝した過去2年間はどちらもパー5のスコアでトップの成績を収めている(ちなみに、2012年はパー4のスコアでも1位だった)。ウッズの熟達したパー5に対するプレーは今さら特筆すべき事ではないが、ウッズがベイヒルで過去に8勝を挙げている事実を鑑みると着目に値する事が分かる。

今週の始めにコースを覆った湿っぽい空気は、木曜の初日までには一掃されることになりそうだ。純然たる完璧なコンディションとなる可能性も除外できない。気温は常に25度を上回る夏日の一週間となる見通しだ。加えて、大会を通して雲が行き交い、微風に木々がそよぐ予報となっている。

<パワーランキング>

1、バッバ・ワトソン
直近のストロークプレー3大会の成績は、2位タイ、優勝、2位タイ。ラフやボギーをうまく避け、ツアー上位に躍り出た。ベイヒルでは2012年大会で4位タイ。

2、ジャスティン・ローズ
カッパーヘッド(バルスパー選手権)では「しっくりきている」と明かし、8位タイで終えた。ベイヒルでは2011年大会で3位タイ、昨シーズンは単独2位という輝かしい成績を収めている。

3、ヘンリック・ステンソン
ベイヒルにはこれで5大会連続出場となる。同大会キャリアベストは、昨シーズンの8位タイ。休み明けのドラールでは16位タイでアンダーパーの選手勢に加わり、大会を盛り上げた。

4、グレーム・マクドウェル
今シーズンは、4度のトップ10入りで、うち前回出場したドラールでは9位タイの成績を収めた。パットのスコア貢献率6位、アジャステッドスコア3位。2012年のこの大会では単独2位だった。

5、ハンター・メイハン
今シーズンはトップ45位以内につけて、2度の10位内の成績をマーク。うちドラールでは9位タイで、2日目終了の時点では首位だった。ベイヒルでは過去6大会に出場し、4大会でトップ25入り。

6、ライアン・ムーア
今シーズンは、ここまでフェデックスカップポイント9位、3度のトップ10入り。ベイヒルでは2011年大会で12位タイ、2012年大会で4位タイだった。GIR(パーオン率)は4位、ボギー回避率は14位。

7、ザック・ジョンソン
ベイヒルでは直近10試合のうち9試合に出場し、11位を4度マーク。フェアウェイキープ率で4位、GIR(パーオン率)で8位、アジャステッドスコアで5位、ボギー回避率で3位。

8、アダム・スコット
今大会出場は2009年大会となる。ドラールでは25位タイで、直近9試合ワーストの成績だった。予選通過を果たせば、パー5ホールのスコアでツアー首位に立つ可能性がある。

9、タイガー・ウッズ
ここでの説明は不要だろうが、勝つか沈むかのどちらか。背中の状態によるところが大きいだろう。今大会は過去5大会のうち4度で優勝を収めている。

10、ゲーリー・ウッドランド
今大会は過去3度出場しているが、一度もトップ25入りを果たしていない。しかし、カッパーヘッドでは8位タイにつけ、これは2013-14年シーズンで3度目となるトップ10入り。米国ツアーのトータルドライビングで首位、GIR(パーオン率)で24位。

11、ケビン・ナ
最近の注目選手。カッパーヘッドで4位タイを収め、ここベイヒルでも2012年に4位タイの好成績を収めた。2010年大会では2位タイ。ボギー回避率は9位。

12、キーガン・ブラッドリー
CIMBクラシックでトップ10入りするも、6度のトップ25位どまり。ベイヒルでは昨季3位タイだった。アジャステッドスコアは36位。

13、パトリック・リード
WGCで初優勝を収めた後、1週間のオフを取った。直近6大会で2勝。今シーズン5度以上のトップ25入り。オールアラウンドでは7位。

14、ウィル・マッケンジー
カッパーヘッドではトップ15の選手8人と戦い、シーズンベストの4位タイだった。パットのスコア貢献率は15位、アジャステッドスコアは6位、オールアラウンドは4位。

15、ジョン・センデン
カッパーヘッドで優勝を収めたばかり。トータルドライビングは29位タイ、GIR(パーオン率)30位でパットのスコア貢献率は10位。ベイヒルでは過去4度出場し、いずれも30位内につけている。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 アーノルド・パーマーインビテーショナル

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。