ニュース

米国男子CIMBクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 CIMBクラシック
期間:10/24〜10/27 場所:クアラルンプールG&CC(マレーシア)

クアラルンプールの決着はマンデープレーオフへ

日曜日の夕暮れ時、ライアン・ムーアは「CIMBクラシック」最終ホールで根性のパーパットをねじ込んで、ゲーリー・ウッドランドと並んだ。これにより勝負の行方は4年間の大会史上初めてとなるプレーオフに持ち込まれた。

ウッドランドの10フィートのバーディパットが決まっていれば、優勝は彼のものだった。しかし彼のパットはカップに蹴られて入らなかった。二人は現地時刻の午前7:30、決着をつけるためにコースに戻って来る。

<< 下に続く >>

彼らは共にPGAツアーでの3勝目を狙っている。この模様はゴルフチャンネルが生放送する。早朝のプレーオフは、634ヤードの18番ホール(パー5)で行われる。

ムーアにとっては3度目、そしてウッドランドにとっては2度目のPGAツアーのプレーオフとなる。

「明日、プレーオフで戻って来なければいけなくなったけど、そんなに悪い気はしないよ」と、ムーアは語った。「(プレーオフに)行けるだけで嬉しいです。最終ホールはなんとかパーをセーブしようともがいてました。あとは成り行きに任せようと思ってね。もう一度プレーするチャンスが出来て良かったです」

ムーアは短いパー4ホールの16番でバーディを決め、14アンダーとした。その後の上がり2ホールはパーでしのいだ。一方のウッドランドは、雨天による2度の中断にも関わらず、ムーアが追い上げるまでは1打のリードを保っていた。

長いパー5ホールの最終18番では、ウッドランドがやや有利にプレーを進めた。彼は理想的なショットを3本も放ったのだが、バーディパットが入らなかった。

「最終ホールは(目標に向かって)いい感じでしたが、最後の最後で決められませんでした」と、ウッドランド。「厳しい一日でした。最後のパットまで接戦でしたからね。もちろん勝ちたかったけれど、後悔はありません。狙った所にボールは打てたんだけど、残念ながら入りませんでした」

アジアンツアーのトッププレーヤー、キラデク・アフィバーンラト(タイ)は最終日「70」をマークしたものの、プレーオフにはわずか1打足りなかった。最終日をムーア、ウッドランドと同組で回ったクリス・ストラウドも、最終18番のバーディトライがカップをかすめて外れたため、1打及ばずに大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 CIMBクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!