ニュース

米国男子ザ・バークレイズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ザ・バークレイズ
期間:08/22〜08/25 場所:Liberty National Golf Club

クーチャー、通算10アンダーでリードを奪う

「ザ・バークレイズ」の第2ラウンドを終えた金曜日。スコアボードの一番上に9アンダーで自分の名前を確認したウェブ・シンプソンは、「暫定トップだね」と言った。

「多くの選手が良いゴルフをしているからね。バーディホールも多いし、第2ラウンドが終了した頃には、僕はトップにはいないだろうね」と、シンプソンは続けた。「66」と安定したラウンドを見せたシンプソンがこう話していた頃、コース上ではまだ半分もの選手がプレーを続けていた。

<< 下に続く >>

シンプソンの発言が現実のものとなるかどうかは、土曜日の朝に第2ラウンドが終了するまで待たなければならない。しかし、午後7時45分(アメリカ東部時刻 )、この日のラウンドが日没サスペンデッドとなった時には、暫定トップだった彼のスコアはマット・クーチャーによって本当に抜かれてしまった。

フェデックスカップポイントランキングで2位につけているクーチャーは、金曜の午後遅くに本領を発揮しはじめた。彼は8番から3連続バーディを決めるなど、6番からの8ホールで5バーディを記録した。

サスペンデッドとなった時、クーチャーは13番ホールまで終了していた。第2ラウンドの残りは土曜日の午前7時30分から再開される。そして、予選通過選手が確定したあと、選手たちは3日目のラウンドを2つのティからスリーサム でプレーする。

ゲーリー・ウッドランドは18番ティまで大急ぎで走っていき、2日目を「64」で無事に終え、シンプソンと並んで通算9アンダーとした。全米オープンチャンピオンのジャスティン・ローズ(イングランド)は、14番ホールまで終えて4アンダー、通算7アンダーで4位タイに並んでいる。

ヘンリック・ステンソンジム・フューリック、そしてモーガン・ホフマンら7選手が6アンダーで続いている。彼らはそれぞれ14番、14番、10番まで消化している。

フェデックスカップのトップに立っているタイガー・ウッズは、混戦の5アンダーグループにいる。2日目の彼の残りラウンドは、13番ホールの13フィートのバーディパットから再開となる。彼はクーチャー、そしてフェデックスカップ3位で大会を迎えたブラント・スネデガーと同組でラウンドしている。そのスネデカーは、ここまで2オーバー。予選落ちのピンチに立たされている。

現在のところ、予選通過のカットラインはイーブンパーの見込みで、78選手が予選を通過しそうだ。フェデックスカップの現在の順位が101位かそれより下位の選手で、週末の決勝ラウンドに生き残れない者は、次週のセカンドプレーオフイベントとなる「ドイツバンク選手権」に進むチャンスを逸してしまう。

この日、途中棄権となった3選手は、早々とプレーオフから姿を消すこととなった。125位のベン・クレーン(背中の怪我が悪化する前に、第2ラウンドの4ホールで棄権)、107位のルーカス・グローバー(手首の故障で3ホールをプレーした後に棄権)、そして辛うじて12ホールまでプレーしたものの、腰屈筋を痛めている109位のジャスティン・ヒックスの3名だ。

デビッド・リングマースも、第2ラウンドを1ホールだけ残して棄権することとなった。しかしフェデックスカップで45位にランクインしている彼は、翌週の「ドイツバンク選手権」へ出場することが可能だ。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 ザ・バークレイズ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!