ニュース

米国男子リノタホオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 リノタホオープン
期間:08/01〜08/04 場所:モントルーG&CC(ネバダ州)

パワーランキング: リノタホオープン

リノタホオープンの大会運営者が2012年にモディファイド・ステーブルフォードのスコア方式を選出した際、大会ではイーグルやバーディの増加が目に付くことになるだろうと目されていた。とにかく、一つのバーディと二つのボギーがスコアの上ではイーブンを隔てて同価となるなど、好スコアが予想される中、ツアープロたちは自由奔放なプレーを解き放つべく身構えているように見えた。しかし、この考えを数字は必ずしも裏付けしなかった。

モディファイド・ステーブルフォードでスコア付けが行われる場合、ドライバー飛距離、フェアウェイキープ率、パーオン率、パットのストローク貢献率、スクランブル率などスタッツの殆どは統計されないため、参考になり得る2012年大会のデータはない。分かっていることといえば、景観の広がるモントゥルーゴルフアンドカントリークラブでは、昨年38個のイーグルと1458個のバーディが生まれたということだけだが、これらの数は(それに加え、昨年はアルバトロスがなかった)14年間の大会の歴史の中で一番多かったわけではない。

<< 下に続く >>

そこからは、イーグルやバーディがごくありきたりなペースでしか発生しなかった状況を結論づける上で、それを支えるしっかりとした要素が見えてこない。このレベルでプレーするゴルファーであれば、大会のスコア方式に関係なく、なりふり構わず毎ホール、ピンを狙って行くような無分別には走らない。また、この大会が開催されるタイミングの問題もあり、出場者はフェデックスカップ・プレーオフへの出場権をかけた当落線上の切実な状況にある。

そして何より、モントゥルー自体、決して簡単なコースではない。このコースはジャック・ニクラスの手による近代的なコース設計が為されており、飛ばし屋の天国ともいえるが、コースは海抜1マイル(約1600メートル)の場所にあり、飛距離の調整が不可欠で、とりわけアプローチでそれは致命的となる。コースの全長は7472ヤードだが、グリーンは平均5500平方フィートの大きさしかない。

このスコア方式は誰にとっても味方となり得るだろうから、最終的なリーダーボードの多様性を楽しみに待つこととしよう。上位には、ここぞというところで波に乗れたゴルファーが名を連ねることになる。ちなみに、モディファイド・ステーブルフォードでのスコア計算は、アルバトロス = 8 ポイント、イーグル = 5、バーディ = 2、パー = 0、ボギー = (-1)、ダブルボギー以上 = (-3)の形で行われる。

リノのどこにでも吹いているような風を除くと、天候が勝負の行方を左右することはなさそうだ。晴れて乾いたコンディションが132人の出場者たちを包み込むことになるだろう。予想される最高気温は華氏80度台後半(30?32℃)となっている。

1.マーク・ウィルソン
今シーズン3回目のトップ10となったカナダでの6位タイから今大会に臨む。モントゥルーでは直近の6大会で2回のトップ10と1回のトップ25入りを記録。ツアー中、グリーンヒット率は65位、スクランブル率は22位、パー4平均スコアでは13位タイとなっている。

2.ロリー・サバティーニ
カナダで12位タイとなり浮き沈みの激しい夏を継続中。ここ9大会ではトップ10を2回、トップ20を2回、予選落ち4回、そして1回の途中棄権を記録。現在ツアー中、グリーンヒット率で31位、パーブレークで9位となっている。

3.J.J. ヘンリー
昨年の王者はここで過去7大会連続予選通過を果たしている。これには昨年の優勝の他、3回のトップ10が含まれる。昨年は3イーグル、17バーディに対しボギーは僅か6。今シーズンは直近の5大会で2度のトップ10入り。

4.ラッセル・ノックス先週のアルバートソンボイスオープンでは2日目に「59」を記録し、最終的に12位タイに入った。同カテゴリーでは今シーズン5回のトップ15入りを果たす。米国ツアーではここ2戦でトップ20入りし、10ラウンド中9ラウンドをアンダーパーで回っている。

5.チャド・キャンベル
コロニアルでの予選落ち以降、7大会全てで予選通過し、ここ5大会では4回のトップ20入り。ここ19ラウンド中15ラウンドをアンダーパーで回っている。パーオン率はツアー中44位タイ。2010年、モントゥルーでは15位タイ。

6.アンドレス・ロメロ
昨年は14ポイントで18ホールに渡り首位をキープ。最終順位は3位。ここ6大会ではカナダの21位タイを含む3回のトップ25入り。パーブレークで18位にランクイン。現在の283ホール連続3パットなしは目下首位。

7.スティーブン・ボーディッチ
パットの名手であり目下絶好調の彼は、この大会方式に強い側面を持っている。グリーンブライアーでは2位タイ、ジョンディアでは12位タイ、サンダーソンファームでは17位タイと休養前に猛威を振るった。

8.ブレンダン・トッド
8回の出場でフェデックスカップのポイントランキングで154位につけている。ここ5大会では4回トップ20入り。Web.comツアーの賞金ランキングでは14位。規定に達していれば米国ツアー中、スクランブル率は首位で、パー3とパー4のスコアでトップ5以内に。

9.スチュアート・アップルビー
フェデックスカップのポイントでは124位ながら、今年はアンダーパーのラウンドが41ラウンドある。パットのストローク貢献率は37位で、スクランブル率は6位。多く出場しているモントゥルーでは、昨年の16位タイを含む2度のトップ20入りを記録。

10.ジェームス・ドリスコル
RBCカナディアンオープンでは21位タイとなり、ここ5大会では3回目のトップ25入りを記録。グレンアビーではパー4平均スコアで2位にランクイン。全体としては、パットのストローク貢献率はツアー中8位。パーブレークは45位タイでスクランブル率は39位。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 リノタホオープン

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!