ニュース

米国男子AT&Tナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 AT&Tナショナル
期間:06/27〜06/30 場所:Congressional Country Club

PAGツアーのエリートに名を連ねたハース

プロのゴルファーたる者が『チョーク(緊張のあまりビビってしまうこと)』という言葉を口にすることは、滅多にない。祖母のお気に入りの磁器を持っている訳でもないのだから。

しかしビル・ハースは、日曜日にこの「チョーク」という言葉を何度も使った。彼は、良いとも悪いとも取れる、リアルな場面でこの言葉を使った。「いつも自分に言い聞かせているんだけど、3連続バーディを取ればポジティブになるだろ」と、ハ―ス。「ところが3連続でボギーを叩くと、とてもポジティブにはなれない。(この不安定な気持ちの揺れを指して)どっちが先に来るかって話だよ」。

<< 下に続く >>

実際、今シーズン序盤、LAでのトーナメントで、3打差をつけて最終日を迎えたハースが「73」を叩いて3位で終わったことがあった。

しかし日曜日、タフなコースで知られるコングレッショナルCCで、ハースが同じミスを犯すことはなかった。

重圧のかかる最終日、5アンダーの「66」でラウンドしたハースは、2位のロベルト・カストロに3打差をつけ、AT&Tナショナルで優勝を飾った。

この勝利で、ハースはツアー通算5勝目を挙げた。フェデックスカップのランキングでもトップ10に急上昇した。そして何より、今週の勝利でハースは、わずか4人のみしか達成していない、4年連続のツアー優勝という偉業を成し遂げたのだ。

他には誰がいるかって? フィル・ミケルソンジャスティン・ローズ、そしてダスティン・ジョンソンの3名だ。

「何と表現したら良いのか、言葉が見つからないけど、最高の気分だね」と、ハ―ス。「感情の高まりをチェックしながらプレーしていたから、今日のラウンドは難しかったんだ」。

「僕はこれまで、大切な場面で何度もチョーク(委縮)して、悪いショットを散々打ってきたからね。今もナーバスになるし、今日だって緊張は感じていたけど、そんな中で質の高いショットを打ててスコアを出せたってことは、最高の気分だね」。

ハースが、自分の状態を客観視して語ることは、これまでほとんどなかった。

どんな場面でもショット前のルーティンを欠かさないこと。さらにバックを担ぐ兄の存在。不安な気持ちに打ち克つために、これらも大きな意味を持っていた。

「ハースは自分自身で上手く(感情を)コントロールできるようになったね。今も時々、ネガティブな方向に行ってしまうけどね」と語ったのは、父のジェイ。名ゴルファーとして名を馳せたジェイは、シニアプレイヤーズ選手権からの帰路、息子の優勝についてこうコメントをした。「彼はそのことに気付いたんだろう。だから余計に上手くいかないとイライラしていたのだと思う。時にはどうにもならない状況だってあるしね」。

「息子にこんなことを言ったんだ。怒りの感情をあらわにするのはOKだ。ただし、ネガティブになったり、自虐的になることは、違うぞってね」。

最終日のハースは、全てを持ち合わせていたかに映った。

ハースは日曜日のファイナルラウンドを6バーディ、1ボギーでまとめ、4日間全てでアンダーパーを記録した、唯一の選手となった。2年前にこの地で開催された全米オープンと比較しても、遜色ない高難度だったにも関わらず、素晴らしい記録で優勝した。

その時の優勝スコアは16アンダー。今週のハースは、さらに4打上回る素晴らしいスコアだった。

「今週の(息子の)勝ち方には、非常に誇らしい気持ちを覚えるね」と、ジェイ・ハ―ス。「後ろ向きな姿勢も、追いかける展開も、なかった。今までのベストラウンドだったんじゃないかな。優勝者らしいゴルフだったよ」。

百戦錬磨のパパは、何でも知っている。

ジェイはPGAツアー通算9勝、その他にチャンピオンズ選手権で16勝を挙げた名手だ。しかしながら、彼の息子が優勝トロフィーを高々と掲げた難コースで、果たして父は何度、優勝したのだろう。

息子のハースは、イーストレイク、リビエラ、そして今週はコングレッショナルで、優勝を遂げたのだ。

肘の故障のために大会を欠場し、優勝トロフィーを授与するホスト役に回ったタイガー・ウッズさえ、ハースのゴルフに感嘆していた。

「非常に難しい数々のホールで、ハースは自分のビジネスを的確にこなしていたね」。
その称賛には、最大の難所だった11番(パー4)のプレーも含まれる。

前日にトリプルボギーを叩いた嫌なイメージが残る中、ハースはティショットをフェアウェイにきれいに運んだ。5番アイアンの第2打でグリーンを捉えたハースは、パーをセーブした。彼は最終日の上がり11ホールを5アンダーで締めくくった。

「ここまでハースは苦しんで来たし、少ないチャンスをモノにできなかったこともあった。でも今や彼は、堂々たるプレーで多くのギャラリーに彼自身がトッププロであることを証明している。何と言ってもこんな素晴らしい大会で優勝したんだからね」と、ジェイ。

ハース家にはこの春、新しい命が誕生した。息子のウィリアムと過ごす時間は、ハースにとって父となった喜びそのものであり、息子の存在が全てをいい方向に導いているようだ。

また、名選手を父に持つことは、同じゴルファーとしては容易いことではない。ましてや父が、PGAツアーで9度の優勝を誇る実力者であればなおさらのことだ。

「ゴルフに限らず、多くの二世が父と同じビジネスを志す場合、“父は出来たのに、自分には出来ない”という場面に出くわすもの」と、ハース。「それは厳しい試練だし、多くの場合、複雑な感情がこじれてしまうから、物事が良化することはほとんどない。それらの邪念を吹き払うだけでなく、過去にどんな失敗をしたかさえ考えないようにしないとね」。

今回のハースは、いつもと違った。

ほんの一瞬ではあったが、ハースが8番でバーディを決める前まで、最大で6名の選手が最終日、首位タイに並んだことがあった。しかしハースは後ろを振り返ることなく、続く9番と10番でも連続バーディを決め、その後は最低でも2打差のリードを保ったままホールアウトした。

彼は、前に進むことしか考えていなかった。

ミケルソンやローズのように、ハースはこれまでメジャー大会での優勝経験がない。ジョンソンのような印象深いゴルフも出来ない。

そんなハースが、次なるステップに進むために必要なことは?

「今は十分に満足だけど、正直に言うと、一生懸命に練習して、結果を見て、もし次のレベルに行けるような場面が廻ってきたら、その時は喜んで受け入れようと思う」と、ハース。「僕はいま31歳で、まだまだ成長したいと願っている。素晴らしいプレイヤーは誰もが向上心を持っているからね。彼らはメンタル面もタフだし、クラブを振り回して相手を打ち負かすのではなく、マインド(心)で相手をやっつけるからね」。

それは、日曜日にハースがやってのけたようなプレーそのものだ。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 AT&Tナショナル

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!