ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

勝利へのカギはパッティングにあり:ジェイソン・ダフナー

By Brian Allee-Walsh, PGATOUR.COM correspondent

ストレスの多い米国ツアーで、ジェイソン・ダフナーは“頼れる15本目のクラブ”を使って幾多の困難を打破してきた。

彼は全米ゴルフ協会に所属する選手の中でも、大会期間中に動じることが少なく、強靭な精神の持ち主として知られている。

<< 下に続く >>

大抵の場合は。

「平常心でプレーすることは、どの大会においても大切な武器となります」。去年のチューリッヒ クラシック (ニューオーリンズ)を振り返るように、ダフナーは翌日開幕を迎える今年の大会を前に、今の心境を語った。

「でも、今年前半の僕のプレーを見れば、その武器を発揮しているとは言い難いですね」。
確かに、事実である。

ダフナーが出場した今シーズン7戦目までの成績は、2月下旬に開催されたWGCキャデラック選手権の12位タイを自己最高位に、予選落ちが2度もある。3月中旬に開催されたアーノルド・パーマー・インビテーショナルでも予選落ちした彼は、マスターズでは20位タイ、RBCヘリテージでは35位タイだった。

オーガスタ・ナショナルではドライバーが当たらず、ハーバータウン3日目はバックナインで幾つかボギーを叩いたことがが、ダフナーの巻き返しのチャンスを摘んでしまった。
現在、フェデックスカップは284ポイントで74位だ。

「今年の初めは強風の中でのプレーを強いられることが多く、バックスイングを少し深くしなければならないことが多かった。しかし、私が意図したスイングと実際は違ってしまったようだ」と、天候の都合により開始が遅れた水曜日のプロ・アマを前に、ダフナーは語った。

「何とか、自分のブレーが出来ればと思っています」。

昨年の彼は対照的だった。2012年は2度の優勝 (バイロン・ネルソンチャンピオンシップを含む) を果たし、出場した22戦で予選敗退はわずか1度だった。初出場したライダーカップは3勝1敗の成績。約500万ドル近い賞金を手にし、フェデックスカップでも2位入賞を果たした。

5月には、長年交際を続けて来たガールフレンドのアマンダ・ボイドと結婚式を挙げた。
「この1年間は、慌ただしい1年でした」と、ダフナー。「私の人生において、多くの重要な変化があり、それらは楽しみであると同時にチャレンジでもありました。私は、ただ自分の夢を追い求め、自分自身の中にあったいくつかの疑問に応えようと努力しました」。

「その結果、私はこれまで以上に自分自身をゴルファーとして見るようになりました」。

クリーブランド出身の36歳は、ラウンド中はゲームに集中する。

2011年、彼は全米プロゴルフ選手権でキーガン・ブラッドリーにプレーオフ3ホール目で敗れ、惜しくもツアー初勝利を逃した。去年はニューオーリンズのプレーオフで、2ホール目まで持ち込んだ末にアーニー・エルス(南アフリカ)を破った他、テキサスで行われたバイロン・ネルソン最終ホールで優勝を決めたラウンドを含め、3週間で2度のツアー優勝を飾った。

昨年は8度のトップ10入りに加え、14度のトップ25入りを果たし、世界ランキングは9位で終えた。最新の世界ランキングは20位だ。

「(昨年から今年にかけて)自分自身について多く学びました」と、ダフナーは語った。

「実際、2011年の終わりから去シーズンにかけて、自分でも驚くほどの成績が残せました。どの大会を制すのも容易ではありませんし、今まで自分のベストなプレーをしながらも勝てない時がありました。しかもその場に立つまでは、自分がどこまで勝ちに近いのか、勝負の行方は分からないものです」。

「だからこのチューリッヒを制した事、そして今年も優勝を目指すことは、僕にとって特別なことなのです。自身の初優勝もこのチューリッヒでした。今でも『本当に自分があんなに良いプレーをしたのか』と思い返す事があるほどです」。

その答えは“YES”だ。

「今週は、自分にはチャンスが訪れる気がしています」と、ダフナー。「自分のプレーが出来ないという感覚には陥る事が少ないのです。重要なのは、要所のパットを正確に決める事。そのあたりがカギとなるでしょう」。

最近の米国ツアー11戦を含み、出場した12大会連続でトップ25入りを続けているジャスティン・ローズ(イングランド)も自身のプレーを振り返り、ダフナー同様の理由、好調の要因はパッティングと考えているようだ。ローズは昨年のチューリッヒクラシックでは10位タイとし、ピート・ダイの設計した7,341ヤードを、出場5度目にして自己最高位で終えた。

「パットには自信があります。それを継続できるか否かが勝負の分かれ目となるでしょう」と、世界ランキング4位のローズは言った。「次に越えなければならない壁はそれ(継続性)でしょうね」。

「今週はパットに関して、プラス思考で望もうと決めています。つい最近ベイ・ヒルでの初日のラウンドで、6打以上パットのスコア貢献率を縮めました。今週もそこ(パッティング)がカギとなるでしょうね。今はただ、自分を信じてプレーするだけです」。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 チューリッヒクラシック

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!