ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権
期間:02/20〜02/24 場所:リッツカールトンGC(アリゾナ州)

WGCアクセンチュアマッチプレー選手権 準々決勝レビュー

昨年王者のH.メイハンがW.シンプソンを破る

ハンター・メイハンは土曜日の午後、今週のマッチプレーではじめて18ホールをプレーした。そして、昨年の全米オープン王者ウェブ・シンプソンを1アップ差で下した。

実はメイハンが、マッチプレーで18ホールをラウンドしたのは、昨年大会の初日までさかのぼる。そこから彼は、優勝までの道のりを歩みはじめたのだ。

<< 下に続く >>

メイハンとシンプソンは、互いに好調だった。5番でメイハンが17フィートのバーディパットを決めて先制するまでの最初の4ホールは、両者譲らず引き分けが続いていた。シンプソンは8番(パー5)でバーディを奪い、ゲームをタイに戻したが、メイハンが10番で26フィートのパットを決め、再び1アップのリードを奪った。その後シンプソンは、出入りの激しいゴルフとなってしまう。13番(パー5)ではグリーンそばのバンカーに入れてしまったが、そこからバーディを奪い再びタイゲームに戻した。

しかしメイハンは15番でワンオンした後、56フィートの位置から2パットでバーディを奪ってリード。そこから続く3ホールは両者パープレーで、メイハンは同大会のマッチプレー通算成績を14勝4敗として、この日を終えた。「ウェブとの対戦は、難しい戦いだったよ。」とメイハン。「非常にタフな相手で、調子も良さそうだったからね。タフな一戦になるとは思っていたけど、まさにその通りになったね。シーソーゲームだった。どちらが勢いをつかんだということもないし、勝利の女神はどちらにほほ笑んでもおかしくない戦いだったね」。

「今日のプレーは、良い意味で波があって、長いパットをいくつか決めることができた。そして午後は、勝利を手繰り寄せた16番でパーオンに成功して、1アップを奪うことができた。そこから最後までは、勢いの中でプレーすることができた。だけど厳しい対戦だったし、本当にどちらが勝ってもわからない試合だったよ」。

【スコアカードの成績】
メイハンは5バーディ。パーパットは全て決めた。シンプソンは5バーディ、1ボギー。
【ホール別勝敗結果】
メイハンは3ホールでポイント。シンプソンは2ホールでポイントを奪った。

J.デイはG.マクドウェルに1アップで勝利 メジャー王者に1日で連勝
おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!