ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

新ルール違反でファウラーに1罰打 肩からドロップ

◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 2日目(22日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7345yd(パー71)

リッキー・ファウラーがスタートホールの10番でドロップの処置を誤り、1罰打を科された。今年施行された新規則で膝の高さから球をドロップする必要があったが、肩の位置から落とし、誤りに気づかずショットを放った。

<< 下に続く >>

右ラフからの2打目はシャンクし、OBに。同じ場所から4打目を打ち直す際、肩の高さからドロップした。そのままショットしたが、その後に指摘を受けペナルティを科された。

同ホールをトリプルボギーとしたファウラーは「2歳からゴルフを始めて。いま30歳だから28年間、(肩の位置から落とす)同じルールでやってきていた」と述べた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!