ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

PGAツアーとディスカバリーの新契約 日本での視聴はどう変わる?

2019/01/02 18:13

PGAツアー(米国男子ツアー)は昨年、米メディア大手のディスカバリー社と米国外での放映権の契約を交わした。世界中に約7億人の視聴者がいるとされるユーロスポーツを子会社に持つ同社は、12年間で20億ドル(約2200億円)という巨額を投資するが、日本での視聴はどう変わるのか。

結論から言うと、2019年に関して、テレビ放送は昨年までと同様にNHK(BS)と、ゴルフネットワーク(CS/以下GN)が放映権を持つ。ただし、GNは今回の契約で予選及び決勝全ラウンドの生中継が可能になった。これまでNHKだけで中継されていた決勝ラウンドの後半が、両局で生放送される。

NHKが4日間中継していた世界選手権シリーズ4試合(WGC/デルテクノロジーズマッチプレーは5日間)、「ザ・プレーヤーズ選手権」、「ツアー選手権」はいずれも決勝ラウンドのみの放送となる。10月に日本で開催される「ZOZOチャンピオンシップ」については、PGAツアーおよびディスカバリー社が現在も交渉中。民放各局を含めて、放送局や形態が変わる可能性がある。

スマートフォンやタブレット端末、パソコンからの日本でのインターネット放送は、GNのゴルフネットワークプラスと、1月1日にスタートしたディスカバリー社の新メディアGOLFTVで視聴可能になる。パフォーム社の「DAZN(ダゾーン)」での展開は終了となった。

GOLFTVはタイガー・ウッズとの複数年契約でも注目を集めており、今後、密着映像などを展開するとすでに発表。一方でディスカバリー、PGAツアー、GNは昨年11月にパートナーシップ契約を結んでいる。GOLFTVとゴルフネットワークプラスとのPGAツアー放送の内容差別化が今後の調整課題に挙がっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。