ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

3パットボギーが2回 松山英樹の最優先課題はそれでも「ショット」

2018/10/26 18:59


◇世界選手権シリーズ◇WGC HSBCチャンピオンズ 2日目(26日)◇シェシャンインターナショナルGC (中国)◇7261yd(パー72)

イーブンパーの27位タイから出た松山英樹は5バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算2アンダーの21位タイに順位を上げた。3パットボギーを2つたたきながら、4つのパー5をすべてバーディでまとめ、強風の難コンディションでアンダーパーを記録した。

初日よりも強く、そして真逆の方向からの風。松山はアゲンストになった出だし1番で1Wショットを左の林に曲げてボギーとした。カラーから5mを沈めた5番で2つ目のバーディを決めた直後、7番では6mから3パットボギー。8番(パー5)のバーディの後には、10番で再び5mのチャンスから3パットを喫した。

「両方とも(ファーストパットを)オーバーさせた3パット。あまりないのでちょっと戸惑いがある。距離感がつかめてないと思う」と、勢いをそぐようなミスに首をひねった。最終18番(パー5)は5Iで2オンに成功した後、7mのイーグルパットを惜しくも外した。

グリーン上の取りこぼしが「もう少し伸ばせたかな」という思いを増幅させるが、「悪いパットをして、打った瞬間外れるようなパットじゃなかったことは救いかなと思う。(3パット直後の)8番、11番と入れられた。後に引っ張らないでできた」と振り返る。

依然として頭にあるのは2打目以降のショット精度だ。「ショットでまずはチャンスに付けないとパットの勝負にはできない」。この日、パーオンに成功したのは10ホールにとどまった。「安定して(ピンそば)5mくらいにつけられれば…。それなら18ホールで、(バーディパットが)3分の1しか入らなくても6アンダーですからね」と笑みを浮かべながら理想のゲーム展開を思い浮かべた。

トップに立ったトニー・フィナウとの差は9ストロークと大きい。優勝争いへはムービングデーの爆発が必要になったが、平均スコア「72.89」の状況下で浮上。「アンダーパーは(当地では)おととし以来でしょう? 6ラウンドぶりです」と優勝した2016年大会以来となる1ラウンドの“赤字”に安堵する様子もあった。(中国・上海/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。